YouTube視聴時に動画に音ズレが起きる原因と直す方法

YouTubeを使用している時に、時折動画と音のズレを感じて画面をリロードして最初から見直し…こんな経験はありませんか?せっかく見ようと思っていた矢先にこういった不具合があるとちょっとストレスを感じますよね。

そして、結論から先に話すと「視聴環境」や「デバイス」が原因だった…なんてケースが多いのです。

今回の記事では、どうすれば動画の音のズレを解消できるかを視聴環境とデバイスに分けてご紹介します。

結論から先に…

  • 通信環境を改善する(回線自体の改善,ルータの交換など)
  • デバイスの性能不足(あまりにも古い端末の場合は交換推薦)
  • そもそもアップされた動画自体に問題がある

YouTubeの音ズレが起きる原因と直す方法

通信環境を改善する

YouTubeなどの動画は、大量の情報をやりとりするため通信環境のスペックが低いと、情報を送るスピードと受け取るスピードが一致せず、動画の音ズレが起きる可能性が高まります。

通信環境を改善するには、いくつかの方法があります。ひとつは現在使用している通信環境をアップグレードする方法です。

モバイルルーターを使用しているのであれば、モバイルルーターのグレードを上げてみることです。

最近では制限速度やデータ容量無制限など、通信環境が数年前にモバイルルーターが登場してきた時より、格段に改良されていますので、動画の音ズレを感じたなら検討してみる事をおすすめします。

もう一つは家庭にあるインターネット環境のバージョンアップです。現在遅い回線を利用しているのであれば、光回線などに変更する等検討することが望ましいと思います。

また、様々な都合で通信環境が整えられない場合はYouTubeの画質を落とすことで音のズレは解消できます。

YouTubeの画質の変更方法は、YouTubeの画面右下にある歯車をクリックするとダイアログボックスが出現するので、画質をクリックして調整すると音声のズレが解消出来ますので試してください。

視聴するデバイスの性能が低い場合

IT業界は、他の業界に比べて技術革新が早いことでも知られています。

今まで革新的と言われていたことが、数ヶ月後には古くなるのが当り前なのです。そのためYouTubeを視聴するときに使用デバイスが古いと再生できないというケースもあります。

もう一つ考えられる原因は、あえて高画質で動画をアップロードするユーザーもいるようなので高画質すぎて音ズレを引き起こすという可能性もあります。その際はYouTube側で画質を調整してください。

また、スマートフォンも季節が変わる度にリリースされており新機能が追加されて新しい通信規格にも対応しています。

そのため、現在持っているスマートフォンが2年~3年前のリリースされた機種の場合買い換えを検討することをお薦めします。

新規デバイスを導入できれば、今まで悩まされていたYouTubeの音ズレを回避する事が出来ます。

投稿された動画自体が音ズレしている場合は対処不可

投稿されている動画自体の音がずれている場合は、視聴者の問題ではなく投稿者の編集過程に問題があります。

その際は、YouTubeのコメント欄に音がずれている旨を伝えてあげると投稿者も気付くかも知れません。

動画投稿になれていないうちは、作業に慣れていないので細かいところまでチェックする事を怠っている可能性があります。

今回のまとめ

YouTubeの音ズレについて今回は紹介してきましたが、デバイスやインターネット環境が古い場合は、買い換える事で解消することが出来ます。

また、対応できない場合はYouTubeの画質を調整することで解消する可能性があります。

動画自体の音がズレている場合は、投稿者にその旨を伝えて対応して貰うしかないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です