YouTubeで低評価するとバレる?特定方法や通知の有無も確認

YouTubeには、各動画に対して高評価(グッド)ボタン・低評価ボタンを押すことができますよね。

そこで、評価した際に、動画投稿者に通知は行くようになっているのか、または低評価を押した場合、相手を特定することができるのかどうかなど、気になるところです。

本記事では「低評価を押した場合にバレる可能性と、特定方法や通知の有無について」解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

YouTubeで低評価をするとバレる?特定方法とは? 低評価を付けたとしても、ユーザーが誰かをはっきりと特定することはできない。
高評価を押した人を特定する方法は? 高評価や低評価に限らず、ユーザーをはっきりと特定することはできない。
低評価すると動画投稿者に通知は届くのか 高評価は通知されますが、低評価の場合は通知されないようになっている。
評価の取り消し・変更は可能? 自分が評価したほうのボタンをもう一度タップすると、簡単に取り消すことができる。
また、同じく評価の取り消しを行ってから、再度違うボタンをタップすると、変更することが可能。
動画投稿者はユーザーの評価は変えられない 動画に付けられた評価は、動画投稿者の意思では変えられない。

YouTubeで低評価するとバレる?特定方法は?

YouTube上の動画に対して低評価を付けたとしても、ユーザーが誰かをはっきりと特定することはできません。

同じ動画を視聴している人や動画投稿者であっても、確認することはできなくなっています。

高評価(グッド)を押したユーザーを特定する方法は?

YouTubeの動画に対して付けられた評価は、高評価や低評価に限らず、ユーザーをはっきりと特定することはできません。

しかし、高評価や低評価の数を動画の下に表示できるようになっているので、どれだけ評価をもらっているかを確認することができます。

低評価すると動画投稿者に通知は届くのか

低評価を押したとしても、通知されないようになっています。

高評価の場合は、動画投稿者に通知することができるように設定することができますが、低評価の場合は、動画の下に数が表示されるだけで、どのタイミングで低評価を付けられたのか、特定することはできません。

評価の取り消し・変更は可能?

動画に対して評価をした場合、間違って押してしまったというケースも少なくありません。

その場合には、自分が評価したほうのボタンをもう一度タップすると、簡単に取り消すことができます。

また、同じく評価の取り消しを行ってから、再度違うボタンをタップすると、変更することが可能です。

動画投稿者はユーザーの評価を変えられない

動画に付けられた評価は、動画投稿者の意思では変えることはできません。

しかし、上記でも紹介したように、高評価や低評価の数を動画の下に表示することができますが、あまり低評価などが多いと気持ちのいいものではありませんよね。

そこで、YouTubeの設定画面から進み、「この動画をユーザーに表示する」というボタンのチェックマークを外すと、評価の下の数字を「非表示」に設定することが可能です。

評価を変えることはできませんが、表示する方法を変えることはできますので、ぜひ試してみてください。

YouTubeで低評価したユーザーが誰か特定する方法まとめ

YouTubeで低評価をするとバレる?特定方法とは? 低評価を付けたとしても、ユーザーが誰かをはっきりと特定することはできない。
高評価を押した人を特定する方法は? 高評価や低評価に限らず、ユーザーをはっきりと特定することはできない。
低評価すると動画投稿者に通知は届くのか 高評価は通知されますが、低評価の場合は通知されないようになっている。
評価の取り消し・変更は可能? 自分が評価したほうのボタンをもう一度タップすると、簡単に取り消すことができる。
また、同じく評価の取り消しを行ってから、再度違うボタンをタップすると、変更することが可能。
動画投稿者はユーザーの評価は変えられない 動画に付けられた評価は、動画投稿者の意思では変えられない。

コメントするのとは違うので、手軽にワンタップで評価ボタンを押すことができ。特定されることもありませんが、モラルを守って、みんなが気持ちよくYouTubeを利用できるように心がけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です