AdBlock│YouTubeでアドブロックを有効化し動画広告をオフにする方法

YouTubeで動画視聴をする際、煩わしい広告をオフにするためには「YouTubeプレミアム」への加入が必要になり、そこまでして加入をしたくないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、度々表示される広告をスキップするにも数秒間は動画を見る必要があるので不便に感じてしまいますよね。

そこで本記では、YouTubeプレミアムに加入しなくても広告を非表示にできる「アドブロックを有効化する方法」についてご紹介します。

無料ソフト「AdBlock」の効果や注意点についても記載しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【ADBlock】YouTubeでアドブロックの効果はあるのか

そもそも「アドブロック」とはインターネット上に表示されるGoogle広告を非表示にするための行為で、「AdBlock」はその広告を非表示にするための無料ソフトツールのことを言います。

そのため、使用する際はPCからソフトをダウンロードしてオフにするための設定を行います。

もちろんPCだけでなく、スマホでYouTubeを視聴する場合にも対応したアプリがあるので安心してくださいね。

ただ、アドブロックの設定自体は基本的にインターネット上でしか反映されず、YouTubeの公式アプリ利用時には適用されないので注意が必要です。

【ADBlock】YouTube対応のアドブロックを導入する

アドブロックをするためのPCソフトやアプリにはいくつか種類があり、YouTubeに対応しているものが異なります。

こちらの項目では「AdBlock」を有効化する方法や、PC版とスマホ版のそれぞれに対応しているオススメのソフトをご紹介しています。

【YouTube対応の無料オススメPCソフト】

  • AdBlock
  • Adblock Plus

【YouTube対応の無料オススメスマホアプリ】

  • Adblock Plus
  • AdGuard Pro
  • Brave

【PC版】AdBlockのインストール・有効化方法

まず、自身が普段使用しているGoogle ChromeやFirefox、Internet ExplorerなどのWebブラウザから「AdBlock」と検索します。

検索結果欄に「AdBlock-最高峰の広告ブロッカー-」と表示されるのでサイトを開き、インストールを行います。

取り込んだ後、PC画面の右上に「ABF」と表示されていれば有効化は完了となります。

【スマホ版】AdBlockのインストール・有効化方法

同じくスマホのWebブラウザで「Adblock Plus」と検索をします。

検索結果欄の中にある「Adblock Plus for Safari(ABP)」をタップし、インストールを行います。

取り込み完了後はホーム画面よりアプリを開き、画面下に出てくる「Launch Safari Preference」をタップすると環境設定画面が表示されます。

チェックボックス欄の「ABP Control Panel」と「ABP」を選択してOKボタンを押すと手続きは完了となります。

【ADBlock】YouTube公式アプリの広告は消せない

上記でもお伝えしましたが、YouTubeを視聴する際に公式アプリで「Adblock Plus」を使用しても広告を消すことはできません。

スマホ内のWebブラウザから視聴する場合のみ、有効化されるようになっています。

また、WebブラウザでYouTubeを見るには公式アプリをスマホ内から削除しておく必要があります。

公式アプリがスマホ内にインストールされたままになっていると、自動的にWebブラウザから移り、広告付きの動画が流れてしまうので注意してくださいね。

すでに登録しているYouTuberのチャンネルや閲覧履歴などは、アプリを消してもWebブラウザ上のYouTubeでログインすれば引き継ぐことが可能なので、削除後に「Adblock Plus」を有効にすることをオススメしますよ。

【ADBlock】YouTubeでアドブロックを有効化し動画内広告を消す方法まとめ

今回は「アドブロックを有効化する方法」についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

本記事でオススメしている「Adblock 」や「Adblock Plus」を使えば、YouTubeを楽しく視聴しているときでも広告に邪魔されずに済むので、とても便利なツールのひとつですよ。

無料でダウンロードできるので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です