YouTubeのチャンネル登録URLを超カンタンに作成する方法

YouTubeの概要欄やSNS、ブログ等に自分のチャンネルの登録URLを貼る手順は「自分のチャンネルIDを調べる」⇒「定型URLにチャンネルIDを挿入」…この2ステップで完了します。

本記事では、そんなYouTubeのチャンネル登録URLを作成する方法について詳しくまとめていますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。スマホでもPCでも簡単に作ることが可能ですよ。

結論から先に…

  • ①自分の動画を開きURL内の「チャンネルID」をコピーする
  • ②https://www.youtube.com/channel/チャンネルID?sub_confirmation=1 このように①をペースト
  • ③チャンネル登録URL作成完了

YouTubeの「チャンネル登録URL」を超カンタンに作成する方法

冒頭で答えをお伝えしてましたが、改めて手順を記載します。

自分のチャンネルIDを調べる&コピーする

まずは、あなたが運営しているチャンネルの「チャンネルID」を調べましょう。

youtubeのチャンネル登録URLを作成する手順

上記のチャンネルはAppleのYouTube公式チャンネルの構造を確認してみましょう。

「https://www.youtube.com/channel/UCv5iVjD-tFfl04V4AB4XRYw」と記載されていますが、お察しの通り後半の「UCv5iVjD-tFfl04V4AB4XRYw」の部分がチャンネルIDにあたります。

あなたの動画のチャンネルページを開くと、上記のようにURL後半にIDが含まれているハズです。

チャンネル登録URLの作成にはこちらのIDが必要になるのでメモしておきましょう。

雛形にチャンネルIDをペーストする

チャンネル登録URL雛形
https://www.youtube.com/channel/ここにチャンネルIDをペースト?sub_confirmation=1

先ほどメモしたチャンネルIDを上記の雛形に挿入しましょう。

Apple公式チャンネルを例にするなら…

完成版
https://www.youtube.com/channel/UCv5iVjD-tFfl04V4AB4XRYw?sub_confirmation=1

こんな感じになります。

概要欄にチャンネル登録URLを貼る際のポイント

上記で作成したチャンネル登録URLをそのままYouTube概要欄やSNSに貼り付けてもオッケーですが、URL自体が長いので「短縮URL」に変換するのもアリです。

短縮URLに変換すると…

「https://www.youtube.com/channel/test?sub_confirmation=1」こんなに長かったURLが…

「https://bit.ly/2GzIvpa」ここまで短くなります。

YouTubeの概要欄ならまだしも、Twitterの説明欄(bio)で初期状態のURLを貼り付けてしまうと長すぎて不格好。簡単な手順でチャンネル登録URLを短くできるので、こちらも合わせて操作してみてください。

まずは、bitlyという短縮URL作成サービスにアクセスしてください。

youtubeのチャンネル登録URLを短縮URLに変換する

ページを開くとすぐ上記のような入力欄が現れるので、こちらに先ほど作成したチャンネル登録URLを貼り付けてください。

URLを貼り付けたら右側のShortenをクリックします。

すると「https://bit.ly」から始まるURLが生成されます。こちらがチャンネル登録URLが短縮化されたモノですね。

後はこの短縮URLをコピーし任意のプラットフォームに貼り付けてチャンネル登録を促しましょう。

ブログに「チャンネル登録ボタン」を埋め込む手順

先ほどはチャンネル登録URLの作り方を解説しましたが、中には「ブログにチャンネル登録ボタンを埋め込みたい」と感じた方もいらっしゃるかと思います。

その場合は、以下の手順を参考にしてください。

「チャンネル登録ボタン生成フォーム」へアクセス

まずは「YouTube公式-Subscribe Button」へ移動しましょう。

チャンネル登録ボタンの作り方

するとこのような画面に切り替わります。

「チャンネル名またはid:」の部分が初期設定だとGoogleDevelopersと記載されているので、ご自身のチャンネルIDを貼り付けましょう。

チャンネル登録ボタンの外観をカスタマイズ

YouTube登録ボタンのデザインをカスタマイズする

項目 効果
レイアウト ・デフォルト⇒ボタンしか表示されない
・フル⇒チャンネルアイコンも表示される
テーマ ・デフォルト⇒白を基調とした通常モード
・ダーク⇒黒を基調としたカラーで表示される
チャンネル登録者数 ・デフォルト⇒登録者数が表示される
・非表示⇒ボタンのみ表示

チャンネルボタンの外観は基本情報のみカスタマイズ可能です。

ソースコードをブログに貼り付けよう

チャンネル登録ボタンの外観を整えたら下部に表示されたhtmlコードをブログに貼り付けて完了となります。

ブログの単一記事はもちろん、サイドバー等に設置することも出来るので、目立つ位置に貼り付けてチャンネル登録を促しましょう。

YouTubeのチャンネル登録URL・登録ボタンを作る方法まとめ

上記で解説した手順で操作すれば、簡単かつスピーディにチャンネル登録URL&チャンネルボタンを作成できます。

一定数のアクセス・エンゲージメントが見込める媒体をお持ちの場合は、そちらにYouTubeに投稿した動画を埋め込んだり、チャンネル登録URLを貼り付けておくことで登録者を獲得できる可能性があります。

「YouTubeは始めたばかりだけどブログやTwitterはやってる」といった方は、ぜひこの機会に誘導してみてください。

【関連記事】

TwitterにYouTubeの動画を埋め込み「再生数を増やす」方法 【YouTube】動画の投稿時間帯は××時がおすすめ?目安も紹介 YouTubeにアフィリエイトリンクを貼る方法【Amazon/楽天アフィリ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です