【YouTube】タグ数は何個までOK?タグ付け・ハッシュタグの効果も解説

本記事では、YouTubeにおける「タグの役割・効果」をはじめ、「タグ数は何個まで付けて良いのか?」といった疑問について解説しています。

タグ付けの意味ならびにタグ数の目安を知りたい方は、今回お伝えする内容を参考にしてみて下さい。

結論から先に…

  • タグ数の目安⇒15個くらいを目安にする
  • タグ付けの意味⇒同ジャンルであることをAIにアピールする(寄生目的)
  • ハッシュタグの意味⇒ハッシュタグ検索・検索時の対策

YouTubeのタグ数は15個程度を目安に-スパム判定に注意

冒頭でもお伝えしたように、YouTubeのタグ数はスパム判定されない程度に抑えましょう。

下記でもお伝えしますが、タグ付けは狙ったチャンネルの関連動画に載る確率を上げるために使います。ですから、ターゲットとなる動画が設定しているタグをコピペするのが手っ取り早いのですが…あまりにもタグ数が多くなってしまった時は厳選してください。

例として、筆者の場合は他チャンネルの関連動画に寄生するために、以下のような手順でタグ付けを行っています。

  1. 寄生する動画を3つほど選ぶ
  2. ターゲットとなる動画のタグを抽出する
  3. 自分の動画にターゲットのタグをコピペ

3動画分のタグをコピペするので、時にはタグ数が膨大になってしまうケースもあります。

そんな時は、あまりにも自分の動画とかけ離れているタグを削除。タグ数の上限に関しては諸説ありますが、筆者は15個を目安にタグを指定しています。

他チャンネルのタグを抽出する方法

「寄生先の動画のタグをコピペするのが楽」とお伝えしましたが、ご存知の通りハッシュタグではなく通常のタグは非表示となっています。

そこで、下記の方法を使って相手のタグをチェック⇒抽出してしまいましょう。

  • 方法1⇒Google Chromeプラグイン「Tags for YouTube」を利用する(スマホ版アプリも存在)
  • 方法2⇒CtrlUにてソースコードを表示し動画に付けられたタグをコピペ

YouTubeにおけるタグ付けとハッシュタグの効果について

先ほどお伝えしたように、YouTubeにおける「タグ」は同じタグを使っている関連動画に掲載されやすくするために使われるケースが多いです。

AIによって自動的に同じジャンルの動画の関連に表示されますが、AIに対して「この動画はこういったジャンルですよ」とアピールすることが可能です。

とはいえ、同じタグを付けたからと言ってすぐに狙った動画に寄生できるわけではありません。チャンネルが成長しないとそもそもオススメに表示されないので、コンテンツをしっかりと作り込んでエンゲージメント率(視聴維持率やコメント等)を向上させることを考えるのがマストですね。

ハッシュタグの効果

YouTubeで再生数を集めているチャンネルの流入経路のほとんどは「関連動画」ですね。ですから、関連動画に載せるための施策をしっかりと行うことがYouTubeで集客するうえで特に重要です。

ただ、場合によってはハッシュタグで動画を探すユーザーが一定数居るのも事実。そのため、自分が参入しているジャンルで特に関連性の高いハッシュタグを選び、動画の概要欄内に仕込んでおきましょう。

概要欄に含まれるキーワードも検索や関連動画に引っ掛かる可能性も十分考えられるので、その点も意識してハッシュタグを決めると良いです。

YouTubeのタグ数の上限やタグ付けの効果まとめ

というわけで、今回はYouTubeにおけるタグ数やタグ付けで得られる効果について解説しました。

タグ数に関して、〇個以上使うとスパム判定を受ける…といったアルゴリズムは解明されていませんが、30個とか50個とか明らかに多すぎるのは危険かなと個人的には思いますね。

ユーザーに喜ばれるコンテンツを作り続けるのが第一ではありますが、タグをあまり指定していない方は、この機会にぜひ意識してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です