VYONDの評判・口コミをクリエイターの方に聞いてみた

YouTubeチャンネルをはじめ、企業内のプレゼンやセミナー時の映像資料として「VYOND」が利用されるケースが増えてきたと思います。

YouTubeに至っては「顔出しをせずに収益化したい」とかプレゼンやセミナーでは「スライドショーよりアニメーションの方が伝わりやすい」などの理由からVyondの選択率が高まっていると考えられます。

とはいえ、Vyondはそこそこお高めの有料アニメーション作成ツール。そのため、使ってみたいという気持ちとは裏腹に、導入に不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は実際にVyondを使ってプレゼン資料を作成している方。Vyondを使った動画作成でクライアントから報酬を得ているクリエイターの方から直接評判を伺いました。

▽まずは今回頂いた口コミから簡単にまとめておきます。

良い評判
  • 直感的な操作が出来るので初心者でも扱いやすいし使っていて楽しい
  • 無料でVYOND講座を受けられるのが良かった
悪い評判
  • 譲渡手数料が約13,000円と高い(商業利用のハードルが高い)
  • 10分の動画で20時間くらいかかるのにクライアントの報酬が安い
  • 他と差別化するならVYONDだけだと厳しい

Vyondの評判・口コミを動画クリエイターから直接聞いてみた

冒頭でもお伝えした通り、本記事を執筆するにあたり、実際にVyondを使ってアニメーションを作成しているクリエイターの方に評判・口コミを伺いました。

アニメーション作成ツール「Vyond」の評判・口コミ

△口コミに関してはクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」にて募集しています。

「ツールの機能自体は素晴らしい反面、いかんせん手数料が高い」

VYONDを利用して感じたことを教えて下さい 誰でも簡単に素早くアニメーションの制作ができる素晴らしいソフトです。日本国内でなぜ認知されていないのだろう?とまず最初に思いました。私自身のYoutubeの作成に最初は活用していましたが、のちにこのスキルを使って、仕事を請けることはできないだろうか?と考えてクラウドワークスなどでVYONDの仕事を探すようにもなりました。実際のところかなり多くの仕事がありましたが、規約違反をしている募集が多く、クラウドワークスではあまり期待できないな、と思ったのが正直な感想です。
VYONDの操作は簡単でしたか?それとも難しいですか? 操作自体はとても簡単です。簡単ですが、一瞬で作れるわけではないです。
ナレーションにあわせてキャラクターを動かしたりしようとしたら、仮に10分の映像だとしても20時間くらいの制作時間が必要です。
1本の動画作成にかかるおおよその時間を教えて下さい 10分の動画だったら20時間くらいはかかります。
VYONDの料金は高く感じますか?それとも安く感じますか? 高品質なアニメーションを作ることができるツールという意味では大変素晴らしく、そういう意味ではこの金額は安いと思います。しかしながら、第三者に納品するのに発生する「譲渡手数料(13,200円)」はいくらなんでも取りすぎだろ、って思います。笑
「ここは改善してほしい」と感じた部分を教えて下さい 上記に関連しますが、譲渡手数料が高いですね。
VYONDスキルを活かして仕事にできればいいのですが、あまりにこの規則が厳しいので、ライセンスが切れたらもうリピートはしないと思いますね。
VYONDのスキルだけ身につけても、動画編集者としてはあまりスキルにならないので。

「未経験者でも使いやすい。ただ差別化するには別途ソフトも必要」

VYONDを利用して感じたことを教えて下さい 操作性はとても万人向けで動画制作未経験でもやりやすいと感じます。ですが、その分クオリティにおいて差異を出すのが難しく、差異を出そうとするにはプレミアプロなどのたソフトとの併用が必須と感じます。また、今後メジャーなアニメーションソフトとして広めていくのであれば、商業的な利用範囲が分かりやすくするのと、範囲が狭いので画像利用等をもっとオープンにしていった方がいいと思います。(もちろんプラスで有料化してもいいと思います)
VYONDの操作は簡単でしたか?それとも難しいですか? 操作自体はとても簡単です。直感的にできるので非常にハードルが低いと思います。(パソコン音痴の65歳の母親でも1日2日やれば慣れると思います)
1本の動画作成にかかるおおよその時間を教えて下さい 10分動画で10時間程度です。1分1時間が目安かと。
VYONDの料金は高く感じますか?それとも安く感じますか? 他のソフトと比べても高いです。色々なプランがあるといいと思います。
「ここは改善してほしい」と感じた部分を教えて下さい 上記にも記載しましたが、もっと商業利用のハードルを下げる、画像の利用を認めるなど、アドビと同じくらいの水準での使用範囲にしてほしいです。

「使っていて楽しい。直感的に操作できるのが◎」

VYONDを利用して感じたことを教えて下さい 何かを表現するツールとしてとても将来性を感じました。YoutubeのLine風の動画が流行っていますが、それ以外にも今後は企業向けに、ネット広告や社内の教育用のアニメーションとして広く普及していきそうです。操作は簡単なので、誰でも手軽にアニメーションを作成できるのが魅力です。ただ、クオリティの高いアニメーションを作るためには、色使いやある程度のデザインセンス、シナリオ作成能力、Vyondならではのテクニックが必要です。また、作っていて楽しいので、趣味としてVyondを使う人も増えていくかもしれません。
VYONDの操作は簡単でしたか?それとも難しいですか? 操作は比較的簡単です。説明を受けなくても、色々とボタンを触ってみるだけである程度は直感的にアニメーションを作る事が可能です。
1本の動画作成にかかるおおよその時間を教えて下さい Vyondをやり始めて2週間程度の者ですが、20秒の企業広告で3時間程度かかります。シナリオを考える時間も同じ程度かかりました。
VYONDの料金は高く感じますか?それとも安く感じますか? ツールのクオリティを考えると、使用料金は納得です。ただ、動画を譲渡する際にかかる費用(1本1万円)は高いと思います。これによって、自身のアカウントを使って仕事を受ける場合は、1万円以下の報酬の仕事を受けると赤字になってしまいます。
「ここは改善してほしい」と感じた部分を教えて下さい 上と被りますが、譲渡手数料を安くしてほしいです。それ以外では、使用可能なスタイルが増えると、更に作成可能なアニメーションのバリエーションが増えそうです。

「初心者でも十分操作可能。スマホで使えるともっと良いと思う。」

VYONDを利用して感じたことを教えて下さい ハイレベルな動画を要求しない限りは、動画作成の初心者であれば十分だと思われます。
youtubeなどは顔や声を画面に出すことで再生回数を稼ぐものですが、Vyondは作成者のプライバシー保護をしっかり考慮しており、匿名な状態で公開できる内容が一番気に入りました。
更に音声を挿入したいときは自分自身で声色に近いものや専用のBGMを利用できるので、マンネリしてしまう動画を防ぐ役割も担っています。
ちょっとだけ動画にチャレンジしてみたい方は、youtubeの前にVyond利用されることを推奨します。
VYONDの操作は簡単でしたか?それとも難しいですか? 初心者向けに作成できるツールが多く、アニメーションを簡単に操作できた部分は非常に良心的だと言えます。
1本の動画作成にかかるおおよその時間を教えて下さい 30分間
VYONDの料金は高く感じますか?それとも安く感じますか? 平均以上の金額であるため、やや高いと感じます。
「ここは改善してほしい」と感じた部分を教えて下さい スマホで動画を視聴する時代に突入しているので、スマホ操作ができる仕組みを新たに確立してほしいと思います。

「登録後に無料講座が付いてくるのも良心的」

VYONDを利用して感じたことを教えて下さい 使ってみた感想として初心者でも大変使いやすかったところが上げられ、パソコンが不得意な私の強い味方となってくれたことは言うまでもありませんでした。その上本格的なアニメーション動画を作れるというところでもたいへん自分自身の心強い味方となってくれ、また使いやすい理由としてもテンプレートを選ぶことができ、様々なシーンで使えるそのテンプレートの充実したところも大変使いやすかったです。
初心者でもこのように笑顔になれたのは、購入する時に安く購入できたことも一つの理由であります。
VYONDの操作は簡単でしたか?それとも難しいですか? 初心者でも使いやすいことは操作性の簡易的なところもあげられ、その操作の段階で悩んだり苦悩したりすることもほぼありませんでした。
1本の動画作成にかかるおおよその時間を教えて下さい 3時間ほど
VYONDの料金は高く感じますか?それとも安く感じますか? 安いです
「ここは改善してほしい」と感じた部分を教えて下さい 効率よく学べる講座が開講されているというところは大変心強い味方となります。しかしながらすべて英語での講義動画によるので日本語がなかったところは残念だったと思いました。

アニメーション作成ツールVyondの評判・口コミまとめ

今回頂いた口コミの中でも特に多かったのが「動画編集・動画製作初心者でも使いやすい」といった操作性の高さですね。筆者もVyondを初めて触った時に直感的な操作性に感動しました笑

日ごろから動画編集にてAdobeのプレミアやアフターエフェクト等に慣れている方が使う場合…正直なところ違和感はあると思います。パワーポイントのように1コマずつシート管理で場面を切り替えなければいけませんし、プレビューの読み込みに時間がかかったりとフラストレーションが貯まる要素も散りばめられています。

ただ、普通であればかなり手間がかかるアニメーションを初心者でもゼロから作成できるという意味では、かなり優秀なツールではないかと思いますね。

 

なお、悪い意味で目立ったのが「クライアントへの譲渡手数料が高い」という評判。

例えば、クラウドワークスでVyondの動画を1本製作してクライアントへ納品する場合、譲渡手数料の支払い義務が生じます。つまり、1動画ごとに約13,000円の譲渡手数料を支払わなければならないため、経費をケチっているクライアントと契約すると普通に赤字になってしまうので注意が必要。

クラウドソーシングにおけるVyondを使ったアニメーション動画の相場は5~10分の動画で10,000~15,000円ほどで、巷では「高単価案件」とも呼ばれていますが、丁寧に製作すると時給500円を下回るケースもあるでしょう。

かなり安く買い叩かれてしまっている現状ではあるものの、ゼロの状態では契約すら取れない可能性が高いので、より自身のスキルや実績を高めて固定のクライアントと長期契約することがVyondクリエイターとして重要になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です