YouTubeのチャンネルや誹謗中傷コメントの通報手順まとめ

YouTubeを視聴するにあたって、最近ではどんどん規律が厳しくなってきました。

しかし、それでも「これはどうなのか」と思う動画も少なからず存在します。

そこで本記事では「YouTubeのチャンネルを通報する方法」についてご紹介します。

動画の誹謗中傷コメントを通報する手順についてもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

チャンネルを通報する方法 【スマホの場合】チャンネル画面の右上に表示されている縦並び「・・・」マークをタップし「ユーザーを報告」を選び、報告したい内容を選択して該当する動画を選択。

【PCの場合】チャンネル概要欄ページにある旗マークをクリックし「ユーザー報告」を選び、報告したい内容を選択して該当する動画を選択。

動画を通報する方法 【スマホの場合】問題のある動画の画面右右上に表示されている縦並び「・・・」マークをタップし「報告」を選択、該当する内容を選び提出する。

【PCの場合】問題のある動画のタイトル右下にある「・・・」マークをクリックし「報告」を選択、該当する内容を選び提出する。

誹謗中傷コメントを通報する方法 【スマホの場合】動画のコメント欄から縦並び「・・・」マークをタップし「報告」をタップし、報告したい内容を選択。

【PCの場合】画のコメント欄から縦並び「・・・」マークをタップし「報告」をタップし、報告したい内容を選択。

【YouTube】通報したらバレる?通報された際の凍結リスクも【YouTube】通報したらバレる?通報された際の凍結リスクも

YouTubeチャンネルを通報する手順

【スマホの場合】

まずは通報したいチャンネルを開き、画面右上にある縦並びの「・・・」マークをタップします。

YouTubeのチャンネルや誹謗中傷コメントの通報手順まとめ

そうすると、以下の画像のような一覧が表示されるので「ユーザーを報告」を選択。

YouTubeのチャンネルや誹謗中傷コメントの通報手順まとめ

画面が切り替わり報告したい内容が一覧で表示されるので、該当する項目を選択し「次へ」進んでください。

その後は選択した項目によってチャンネルの申し立て手続きの内容が変わってくるので、手順に沿って従いましょう。

YouTubeのチャンネルや誹謗中傷コメントの通報手順まとめ

【PCの場合】

通報したいチャンネルの「概要欄」を開き、画面右にある旗マークをクリックします。

YouTubeのチャンネルや誹謗中傷コメントの通報手順まとめ

旗マークをクリックすると、以下の画像のように各ボタンが表示されるので「ユーザーを報告」を選択。

YouTubeのチャンネルや誹謗中傷コメントの通報手順まとめ

スマホの時と同様に画面が切り替わり、報告したい内容が一覧で表示されるので、該当する項目を選択。

その後は表示される項目によってチャンネルの申し立て手続きの内容が変わってくるので、手順に沿って従うようにしましょう。

YouTubeのチャンネルや誹謗中傷コメントの通報手順まとめ

また、動画のみを通報する場合も、画面右にある「・・・」マークを選択し「通報」をクリック。

該当する内容を選択するだけで通報手順は完了です。

スマホでの手順も同じなので、ぜひ試してみてください。

YouTubeのチャンネルや誹謗中傷コメントの通報手順まとめ

 

【関連】【YouTube】通報したらバレる?通報された際の凍結リスクも

【関連】YouTubeで自分が残したコメント履歴を検索&削除する方法

YouTubeチャンネルに投稿された「誹謗中傷コメント」の通報手順

【スマホの場合】

まずは動画のコメント欄を開き、通報したいコメントの右にある縦並びの「・・・」マークをタップします。

YouTubeのチャンネルや誹謗中傷コメントの通報手順まとめ

「報告」ボタンが出てくるのでタップしましょう。

YouTubeのチャンネルや誹謗中傷コメントの通報手順まとめ

「コメントの報告」より、該当する内容を選択し「報告」ボタンを押すと、通報は完了です。

YouTubeのチャンネルや誹謗中傷コメントの通報手順まとめ

【PCの場合】

こちらもスマホの手順と同様に、通報したいコメントの右にある縦並びの「・・・」マークをクリックして「通報」ボタンをクリックします。

YouTubeのチャンネルや誹謗中傷コメントの通報手順まとめ「コメントの報告」より、通報したい内容を選択すると手順は完了です。

YouTubeのチャンネルや誹謗中傷コメントの通報手順まとめ

YouTubeにおける違反行為・通報されやすいジャンルについて

YouTubeではコミュニティガイドラインという規律が存在し、通報を「不適切なコンテンツの報告」と表記しています。

そして、以下のポイントに反している動画やチャンネルがあれば、定められたガイドラインに反しているとみなされ、削除の対象となります。

  • 不快に感じる内容
  • 性的な内容
  • 暴力的な内容
  • スパムや詐欺の疑いがある内容
  • 有害で危険な内容
  • 著作権違反の疑いがある内容
  • 脅迫の疑いがある内容

どんどん発展していくYouTube業界ですが、発展すればするほどガイドラインに反しているとみなされるコンテンツは増え、今後も厳しくなっていくでしょう。

どこからがアウトだという明確な線引きは決められていませんが、動画作りやコメント投稿をする側に回るのであれば、慎重に行動することをおすすめします。

YouTubeのチャンネルや誹謗中傷コメントの通報手順まとめ

こちらでは「YouTubeのチャンネルを通報する方法や誹謗中傷コメントを報告する方法」についてご紹介しました。

気分を害するチャンネルやコメントは少なからず存在しますが、心地よくYouTubeを利用できるように心掛けましょう。

ぜひ、上記の手順を参考にしてみてくださいね。

【Youtube関連記事】

【2021年版】YouTubeでコメントが表示されない原因と対処法まとめ

YouTubeで特定のコメントを非表示にする手順まとめ

【YouTube】通知のオンオフ設定まとめ│来ない時の対処法も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です