YouTubeで特定のコメントを非表示にする手順まとめ

YouTubeを視聴していて不快なコメントに出会ってしまったことはありませんか。

また、クリエイターの方はアンチコメントが多い場合などコメント欄を閉じたいと思うこともあるのではないのでしょうか。

そんな時に自分で対処できる術を知っていると、より快適にYouTubeを利用することができます。

こちらの記事では、視聴者・動画投稿者それぞれからコメントを非表示にする方法を紹介致します。

YouTubeの特定のコメントのみ非表示にする手順

まずは、コメント欄から誹謗中傷など他の人の目に触れてほしくないものだけを非表示にする方法です。

YouTubeのコメントを非表示にする手順

パソコンでYouTubeを開いた後、アイコンをクリックしYouTubeStudioに移動します。(スマホアプリではできません)

YouTubeのコメントを非表示にする手順

そして、コメントに制限をつけたい動画の鉛筆マーク(詳細)をクリックし、詳細設定の画面を開きます。

YouTubeのコメントを非表示にする手順

そして一番下の「すべて表示」を開き…

YouTubeのコメントを非表示にする手順

その一番下にある「コメントと評価」から設定することができます。

YouTubeのコメントを非表示にする手順

また、「コメントを無効にする」を選ぶと完全にコメント欄を閉じることができますが、嬉しいコメント等は残せるようにするには「不適切な可能性があるコメントを保留して確認する」「すべてのコメントを保留して確認する」がオススメです。

前者では不適切かもしれないコメントだけを確認することができるので楽ですが、正確性には劣ります。

後者では、手間はかかりますが少しでも引っかかったコメントは非表示にすることができます。

どちらかを選択したあと、右上の保存ボタンを押して完了です。

他人のチャンネルのコメント欄を非表示にする方法

 ネタバレの可能性や気分を害すコメントなど、他人の動画を観る際にコメント欄を目にしたくない方もいると思います。その際のやり方をご紹介します。

PC・スマートフォンどちらの場合もYouTube公式サイトやアプリからは、この設定はできません。そのため、拡張機能を利用することが必要です。

【PC版YouTubeでコメント欄を非表示にする】

  • Google Chromeの拡張機能で広告ブロックを利用する
  • ウェブページのスタイル変更機能を利用する

【スマートフォン版YouTubeでコメント欄を非表示にする】

・スマホ版の場合GoogleChromeで拡張機能を利用することができないため、拡張機能に対応した他のブラウザを使い広告ブロックを使う

【投稿者側】YouTubeのコメント欄を表示しない設定

クリエイターが動画をコメント欄を閉じる設定は、PC・スマホのどちらからも行うことができます。

【PCの場合】

一番初めの「YouTubeの特定のコメントのみ非表示にする手順」で紹介した方法でコメントと評価の設定に行き、「コメントを無効にする」を選択して右上の保存ボタンから保存する。

【スマホの場合】

 Youtube Studioアプリにログインし、設定したい動画のページへ移動する。

YouTubeのコメントを非表示にする手順

右上の鉛筆ボタンから動画の編集に行き、右の四角の中に設定マークのある方のページへ。

YouTubeのコメントを非表示にする手順

「コメントを許可」から、コメント欄のオンオフを設定することができます。

YouTubeのコメントを非表示にする手順まとめ

  • 投稿者のコメント欄の非表示はスマホアプリで出来るが、細かい設定はパソコンからしかできない
  • 視聴者が他人の動画のコメント欄を見ないようにするには、拡張機能が必要

以上がYouTubeのコメントを非表示・制限する方法でした。スマホから出来ない設定も多く、少し面倒かもしれませんがこれらのやり方を覚えておけば便利なこと間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です