YouTubeの「限定公開動画」は検索可能?拡散&バレた時の対処法も

YouTubeでは動画を「公開・非公開・限定公開」のどれかに設定することが可能です。

その中でも「限定公開」に設定した際に、YouTube上で検索をされるケースや、ブログ等に埋め込みをしてしまった場合、だれでも閲覧できてしまうのか。

また、その対処法についても解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

結論から先に…

  • 限定公開動画の検索は”基本的には”出来ない
  • ただし、URLを知っている視聴者に拡散されるリスクがある
  • 本当の意味で視聴者を限定したいなら「Vimeo」などを利用するのが◎

YouTubeで「限定公開した動画」は検索可能?

「限定公開」は、自分と動画のURLを共有した一部のユーザーしか視聴することができないように設定されている便利な機能のひとつです。

鍵マークが付いた「限定公開」している動画をYouTube上で検索したり、ツールを使用して調べた場合であっても外部には表示されないようになっています。

しかし、だからといって油断は禁物です。

こちらの機能は“限定”してはいますが、完全に第三者や外部のユーザーから見られないから安心だというわけではありません。

もし限定しているユーザーが、これからご紹介する下記の行為を取ってしまった場合は、不特定多数のユーザーに見られてしまうリスクが高まるので、注意が必要です。

限定公開動画のURLを視聴者に拡散された場合

「限定公開」設定にしていても、動画そのものの共有機能に変わりはありません。

そのため、限定で一部のユーザーに公開していた動画が、そのユーザーによって拡散されてしまうと、ごく普通の「公開」設定にされている動画と何ら変わらないものになってしまうので注意が必要です。

よくあるケースとしては、「限定公開」機能を知らないユーザーに対し、TwitterのDMなどの個人メッセージで教えた動画URLを、誰でも見られるごく普通のツイート機能で拡散されてしまうということがあります。

このようにならないようにするためにも、事前にURLを教える際は、他言しないなどの注意点を伝えておくことが必要ですよ。

限定公開動画のURLをブログ等に埋め込みした場合

こちらも、「限定公開」されている動画の共有機能は変わらないので、一部のユーザーがブログやウェブサイトにURLを埋め込んでしまうと、外部である第三者がそのリンク先から動画へ飛んだ場合、閲覧が可能になってしまいます。

検索ツール等では、「限定公開」の動画が見つからないようにフィルターが掛けられていますが、埋め込み機能を自由に使える以上、リスクがあることを忘れないようにしてくださいね。

公開状態から非公開に設定変更した場合

アップロードしてしばらくは「公開」にしていても、後から「限定公開」へと設定を変えた場合、何もエラー等が起こらなければ、問題なく変更されます。

しかし、設定変更後、多少のタイムラグが発生してしまうので、すぐには反映されない可能性があります。

特に長めの動画などをアップロードした場合は、少し時間がかかることを想定しておいてください。

設定が完了したのであれば、一度アプリやウェブを再読み込みしてみることをおすすめしますよ。

限定公開した動画が拡散された時の対処法

「限定公開」する際には、必ず上記で説明した注意点を守ってもらう必要があるのですが、もし動画が不特定多数の外部ユーザーに拡散されてしまった場合には、設定を変えることをおすすめします。

まずは、「限定公開」になっているであろう動画を、一度「非公開」に設定してみてください。

ほとぼりが冷めるまで待つか、思い切って「削除」してしまうのも手段のひとつです。

意図せずに拡散されてしまい、その被害が大きければ、動画を「非公開」か「削除」にした後でも、第三者によって保存されてしまい、不正に再アップロードされてしまう可能性もあります。

対処した後も、自分の動画が不正に出回っていないかチェックする必要があることを覚えておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です