Twitterの『センシティブな内容』の解除手順や表示基準まとめ

Twitterのタイムラインを見ていると「センシティブな内容が含まれているため表示できません」と表示され、閲覧できないケースがあります。

気になって見ようとしたものの、設定変更が必要で方法がわからず、困っている人も多いのではないでしょうか。

また、「センシティブな内容」とは一体なんなのか、気になりますよね。

そこで本記事では「センシティブな内容の解除手順と表示される基準」についてご紹介します。

Twitterにおける「センシティブな内容」・「不適切な内容」とは?

Twitter上で定められている項目は、主に以下の5つです。

 Twitterにおける「センシティブな内容」はテキスト(ツイート内容)ではなく、画像や動画で判断されるようになっています。

  • 暴力描写(暴行/脅迫/死/医療処置など)のあるコンテンツ
  • 成人向け(アダルト)なコンテンツ
  • 性的暴行に関するコンテンツ
  • グロテスクなコンテンツ
  • ヘイト表現(差別/敵意を感じるロゴや象徴)を伴うコンテンツ

これらの内容が含まれる可能性のある画像や動画は、設定で解除を行っていない限り、「センシティブな内容」であると警告メッセージが表示される仕組みです。

それでは、解除するための手順をご紹介します。

Twitterのセンシティブ設定を解除してツイートを表示する方法

【スマホ版Twitterで解除する手順】

センシティブなツイートを発見して解除したい場合、アプリ内ではセンシティブ設定を変更することは出来ないので、まずはwebサイトに飛ぶ必要があります。

Safariなどでブラウザ版のTwitterへログインをしておきましょう。

Twitterのセンシティブ設定を解除してツイートを表示する方法

次に、再度センシティブな内容のツイートへ飛び「設定を変更」をタップ。

もしくは、ホーム画面の「アカウント情報」から「設定とプライバシー」を選択してください。

Twitterのセンシティブ設定を解除してツイートを表示する方法

Twitterのセンシティブ設定を解除してツイートを表示する方法

そうすると、「プライバシーとセキュリティ」という項目が表示されるのでタップします。

Twitterのセンシティブ設定を解除してツイートを表示する方法

さらに次のページへ進むと、「表示するコンテンツ」があるのでタップして開き、「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」にチェックマークを入れましょう。

Twitterのセンシティブ設定を解除してツイートを表示する方法

Twitterのセンシティブ設定を解除してツイートを表示する方法

これでスマホでの設定の変更は完了です。

【PC版Twitterで解除する手順】

PCの場合は、「センシティブな内容」ではなく「機密系の高いコンテンツが含まれています」と表示されます。

また、PC版では「見る」を選ぶと、設定を変更せずそのツイートの画像のみを表示させることが可能です。

Twitterのセンシティブ設定を解除してツイートを表示する方法

全てのツイートに警告メッセージを出さないようにするには、黄緑の枠の中の「設定を変更する」をタップ。

Twitterのセンシティブ設定を解除してツイートを表示する方法

「機密コンテンツを含む可能性のあるメディアを表示する」にチェックを入れれば手順は完了です。

 

「センシティブな内容の非表示設定」を解除できない原因と対処法

 上記の設定方法で変更をしても、センシティブな内容の警告が消えず見ることが出来ないケースもしばしば…

そんなときに考えられるのは、アプリ内で設定が更新されていない可能性です。

なので、一度アプリを閉じて再起動をするか、しばらく時間をおいて様子を見てみましょう。

ブラウザ版やPCを利用しているのであれば、一度閉じて、再ログインを行ってみてください。

また、iPhoneなどの場合は、ブラウザ版に切り替える際に誤ってほかのアカウントにログインしてしまっていないか確認するのも一つの解決策です。

顔認証や指紋認証などの自動ログイン機能を使っていると、誤ログインをしてしまうことはよくあるので、ログイン時に解除したいアカウントかをしっかりと確認しておくようにしましょう。

自分のツイートをセンシティブ表示にさせない方法

何気なく投稿しただけの写真や動画が、なぜかセンシティブなものだと判断されてしまって、周囲から見られないといった声が寄せられてしまった場合。

もしくは、そうならないようにするために、以下の設定をしておくのがおすすめです。

ほかのユーザーに上記の解除手順を踏んでもらう必要がなくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

まずは解除手順と同じく、「設定とプライバシー」を選択して「プライバシーとセキュリティ」をタップ。

 

次に「ツイート」という項目を選び、「ツイートするメディアをセンシティブな内容を含むものとして設定する」のチェックマークを解除しておきしょう。

 

【関連記事】Twitterの「スパブロ」の意味とは?やり方を画像で解説

Twitterにおける「センシティブな内容」の解除手順まとめ

今回は「センシティブな内容の解除手順と表示される基準」についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

めんどうに感じがちな解除手順も、上記の方法を使えば案外簡単に解除できるので、ぜひ試してみてくださいね!

また、自分がツイートする側になった場合でも、センシティブな内容を含まないように注意・配慮しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です