Twitterの「詳細のクリック数」とは?自分の閲覧はカウントされる?

Twitter上で発信した自身のツイートは好きな時にエンゲージメント率を確認することが出来ます。「インプレッション数」やツイート内に挿入した「リンクのクリック数」などを手軽に見れる反面、種類が多くて良く分からない…と感じている方も多いと思います。

中でも筆者が疑問に感じていたのが「詳細のクリック数」という項目です。そこで今回は、リンクのクリック数と何が違うのか調べてみました。

結論から先に…

  • 詳細のクリック数とは?⇒タイムラインに表示されたツイートをユーザーがタップしてツイート単体を表示した回数
  • 自分のクリックも反映される
  • ユーザーがツイート詳細をクリックする理由⇒リプライされている内容等を確認するため

Twitterの「詳細のクリック数」の意味とは?自分の閲覧も反映される?

冒頭でも結論をまとめていますが、詳細のクリック数とは「タイムラインに表示されたツイートをユーザーがタップしてツイート単体を表示した回数」を指します。ツイート内の画像・動画・リンクのクリック数は関係ありません。

△TL上にただ表示されたツイート

△ツイートを詳細表示した状態

  • フォロワーが自分のツイートをクリックした時
  • 自分のツイートがRTされてフォロー外のユーザーにクリックされた時
    などなど…

このように、TL上に出てきたツイートを1回押すと「ユーザーが詳細を表示した」と判定されます。

自分のツイートにどれくらいの人数が興味を持ってくれたのかを計測する目的で利用されますが、注意したいのが自分で自分のツイートを詳細表示した際もクリック数に反映される…ということ。

また、1人で何回もツイートを詳細表示した場合でもクリック数は重複するので、詳細のクリック数=詳細表示した人数…とは限らないのでこの点も気を付けましょう。

ユーザーがツイートの詳細をクリックする理由について

 

ツイートを詳細表示すると、ユーザーは下記の情報を見ることができます。

  • ツイートに送られたリプライ/リプライを送っているユーザー
  • 最新のいいね数・RT数
  • ツイートされた日時
  • ツイートを行ったアプリケーション/ソフトの種類
  • 外国語の翻訳

例えば、世間を揺るがすようなニュースが載ったツイートであれば、「そのニュースに対して他の人はどんな意見を示しているのか」・「自分と同じような意見を持つ人は居るのか」といった理由から詳細をクリックしている可能性も考えられます。

他にも「このツイートは何時ごろに投稿されたのか」・「翻訳された文章を読みたいから」このようなケースも考えられますよね。

詳細のクリック数より重要視するべき項目

詳細をクリックされる=あたなに興味を持っているユーザーが存在する…ということですから、ただインプレッション数を増やすより大切なことに間違いはありません。

しかし、もしTwitterで何らかのサービスや商品、アフィリエイト案件の成約に繋げたいのであれば「リンクのクリック数」や「プロフィールのクリック数」を増やすことが重要です。

どんなツイートだと商品リンクまでクリックしてもらえるのか、どんな魅せ方をすればプロフィールまで見てもらえるのかをひたすら試行錯誤してみましょう。

Twitterの「詳細のクリック数」まとめ

ツイート詳細がクリックされる=ユーザーがあなたのツイート内容に興味を持っている可能性が高い…と考えられますが、自分自身のクリック数や1人が複数回クリックしても反映されてしまうので、あくまでも一つの指標として利用するのがベターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です