Twitterのおすすめユーザーの表示条件や非表示にする方法

Twitterを利用する際、何気なしに「おすすめユーザー」欄を見ると、知人や身内のアカウントが表示されていて驚いたことはありませんか?

新しいユーザーとつながれる便利な機能ですが、本名で登録していない人や裏アカウントを所持している人からすると、身バレのリスクが高まるので注意しておきたいものです。

そこで本記事では「おすすめユーザーが表示される条件や非表示の設定方法」について解説します。

興味がないので表示しないでほしいという人も、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【Twitter】おすすめユーザーの表示条件とは

さまざまなタイミングで目にする「おすすめユーザー」欄は、主に「自身のプロフィールページのツイート画面上」か「他人のアカウントのツイートページ」に表示されています。

これが表示される条件として、公式Twitterのサポートセンターでは「アップロードしている場合のアドレス帳や過去のフォロー履歴などからおすすめユーザーのパターンを形成」といった感じで記載されています。

具体的に“おすすめ”として表示される基準は以下の通りです。

  • Twitterに自身の連絡先を同期・照合している場合
  • 別のユーザーがTwitterにアドレスを同期した場合
  • 位置情報を設定している場合
  • Twitter内での今までのツイートやフォロー、閲覧履歴などのアクテビティに反応している場合
  • Twitterと連携しているウェブサイトへのアクセス情報の読み込みを許可に設定している場合
  • フォロワーを増やす目的のプロモアカウント広告をおすすめする場合もある

「位置情報を設定している場合」であれば、近隣の国や現在地に基づく市区町村の情報が表示されるようになっています。

また、明確な基準としては設けられていませんが「自身のフォロワーがフォローしているユーザー」も“おすすめ”として表示される可能性は高いと考えられています。

身内や友人などと同じ環境下でネット回線を共有している場合も表示基準として含まれているようです。

おすすめユーザー機能を非表示にする方法

「おすすめユーザー」の判断基準をふまえて、一部の条件を非表示にする方法をご紹介します。

ただ、多くの項目を総合的にまとめたうえで表示をしており、確実に非表示設定にすることはできないのでご注意ください。

上記でご紹介した「Twitterに自身の連絡先を同期・照合している場合」の非表示手順ですが、こちらはアカウントの「設定とプライバシー」画面より設定変更が可能です。

ホーム画面上の左上に表示されているアイコンをタップし「設定とプライバシー」を選択すると、基本情報などの一覧があらわれるので「プライバシーとセキュリティ」をタップします。

次に「見つけやすさと連絡先」と書かれた項目があるのでタップ。

以下の画像を参考に「メールアドレスの照合と通知を許可する」「電話番号の照合と通知を許可する」「アドレス帳の連絡先を同期」の3つをオフに設定しておきましょう。

ボタンがグレーになっていると、オフの状態になります。

オフにしておくことで、他人の「おすすめユーザー」に表示されるリスクを軽減できます。

また、同じく「プライバシーとセキュリティ」の画面に「正確な位置情報」という項目があるので、近隣のアカウントが表示されて困っているという人は「無効」にしておくことをおすすめします。

気になる人はぜひ試してみてくださいね。

他にも、身バレを防ぎたいのであれば、鍵付きアカウントに変更する、身内や知人をフォローしない、写真などの位置情報を把握されやすいものの投稿を控えるなどの手段を取るのも1つです。

【Twitter】おすすめユーザーの表示条件と非表示にする方法のまとめ

今回は「おすすめユーザーが表示される条件や非表示の設定方法」についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

表示される情報はすべて自身に関係するものばかりなので、上手くコントロールをすることがポイントになってきます。

ぜひ上記の方法を参考にして、快適にTwitterを利用するようにしてくださいね!

【関連記事】

Twitter│非公開リストの作り方&使い方を解説!見れるバグもあるって本当?Twitter│非公開リストの作り方&使い方を解説!見れるバグもあるって本当? Twitter│リプライを他人のTLに表示させない設定Twitter│リプライを他人のTLに表示させない設定 【Twitter】他人のいいねを非表示・表示させない設定まとめ【Twitter】他人のいいねを非表示・表示させない設定まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です