ツイッター検索で相手にバレる可能性-鍵垢・ブラウザ閲覧でもアウト?

ツイッターを利用している人のなかには、鍵付きアカウント(鍵垢)のユーザーや「検索」機能だけを使ってネットサーフィンなどを楽しむ人もいますよね。

しかし、わざわざアカウントを作っていない人・鍵垢を使っているユーザーの場合は、相手にバレる可能性がどれくらいあるのか気になるのではないでしょうか。

そこで、本記事では「検索機能のみを利用しても相手にバレるのかどうか」についてご紹介します。

鍵垢やブラウザ閲覧でも身バレするのか知りたい人も、ぜひチェックしてみてください。

【ツイッター】検索機能を使うと相手にバレる?

まず結論からお伝えすると、ツイッターの「検索」機能を使うだけでは相手に身バレをする危険性はありません。

鍵付きのアカウントであろうと非ユーザー(ログアウト中)であろうと、ツイッターには足跡機能のようなものは存在しないので、他人のアカウントをチェックしていたとしても見られている側は誰がツイート内容などをチェックしたを判別することはできないのでご安心ください。

もちろん、アプリではなくブラウザ版のツイッターを閲覧している場合や、シークレットモードで利用している場合でも同じです。

しかし、鍵垢にログインしている場合、「フォロー・いいね・リツイート・コメント・DMなど」の行動は身バレのリスクが高まるので注意しておきましょう

鍵垢のユーザーが「検索」機能を利用した場合

こちらも「検索」機能を利用しただけでは、相手にバレることはありません。

それに、いいねなどを押したとしても、相手にフォローされていなければ通知が行く心配もないので安心でしょう。

間違ってフォローをしたとしても、すぐに外せばバレる危険性は少なくて済むのも鍵垢のメリットです。

ただ、DM・フリート機能を使ってしまうと履歴が残って確実にバレてしまうので、誤操作には十分注意しておいてくださいね。

【ツイッター】身バレを防ぐコツとは?

上記でお伝えした身バレの危険性を踏まえたうえで、さらに身バレを防ぐちょっとしたコツをご紹介します。

  • ユーザー名やアカウントIDを変えておく
  • プロフィール欄を変えておく
  • 自分の身元がバレそうな画像やツイートを削除しておく
  • どうしてもバレたくない相手であれば、そのアカウントを事前にブロックしておく

ユーザー名やアカウントIDは鍵垢であろうと、一番身バレする危険性が高いと言えるので自分と連想されない名前やIDにしておくことがベスト。

ニックネームなども避けることをおすすめしますよ。

また、プロフィール部分に身分がわかってしまう居住地(市町村など)や年齢などを記載しないのも、バレるリスクを下げるポイントと言えるでしょう。

鍵を付けていないアカウントであれば、画像やツイート内容が見られてしまう可能性もあるので、削除などをして対策を取っておくことをおすすめします。

「何がなんでもバレたくない!けど気になる!」なんて人は、どうしてもバレたくないアカウントを事前にブロックしておくのも一つですね。

フォローをしていなくてもブロックは可能なので、ぜひ試してみてください。

【関連】ツイッターは「見るだけ」でも危険性アリ?アカウント無しでもバレる可能性も

ツイッター検索で相手にバレる可能性のまとめ

今回は「検索機能のみを利用しても相手にバレるのかどうか」についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

上記でお伝えした「バレる行動」を取らなければ相手に知られる可能性をぐっと減るので、そこだけ注意しておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です