ツイッターの誕生日の変更方法!非公開設定や回数制限についても

ツイッターでは自分の誕生日が公開できるようになっており、フォロワーに祝ってもらえたり誕生日にはプロフィール画面に風船が飛んだりと、メリットがたくさん。

しかし、なかには身バレを防ぐために非公開にしておきたいという人や、日付を変えたいと思う人もいますよね。

そこで本記事では「ツイッターの誕生日を変更・非公開にする方法」についてご紹介します。

誕生日を変えすぎると制限がかかるケースについても触れているので、気になる人はぜひチェックしてみてください!

ツイッターで誕生日を変更する方法

公式アプリでもPC版でも手順は同じです。

誕生日を誤設定したなどの場合、まずは自分の「プロフィール」を開き、「プロフィールの編集」を選択しまし。

そして、下へスクロールして生年月日の横にある「編集」をタップ。

ツイッター 誕生日 変更 非公開設定 回数制限

このときに「生年月日を編集しますか?」と聞かれるので、「編集」ボタンを選んでください。

自身の生年月日を入力する順番は「月」からとなっているので、「年」と間違えないように気を付けてくださいね。

変更する際の注意点として、13歳未満に設定しないことが挙げられます。

ツイッターは13歳未満の子どもの利用を禁止しているので、0~12歳までの間で誕生日を設定してしまうと、一発で凍結に繋がります。

特に設立したての会社が知名度を上げるために利用をはじめた場合、設立日を入力しがちですが、せっかく作成したアカウントを凍結させてしまうと元も子もないので、必ず13歳以上になるよう設定しておきましょう。

また、併せて利用開始日にも注意しておいてください。

仮に2017年2月1日からツイッターの利用を始めていたとして、自身の生年月日を2005年2月1日、設定を変更した日が2020年2月01日だったとします。

この場合、設定した時点(2020年)で13歳以上だったとしても、利用開始日が3年前(2017年)になると、生年月日から逆算して12歳。

つまり12歳のときからアカウントを利用していた、ということになるのでアカウントの凍結に繋がるという仕組みです。

少しややこしいですが、意外とやりがちなミスなので気を付けておいてください。

【変更できない】誕生日は変更回数に制限・上限がある?

結論からお伝えすると、ツイッターでは誕生日を何度も変更すると制限されるようになっています。

一度 設定するとわかるかもしれませんが、変更する際の編集画面には毎回「変更できる回数には制限があります」と注意書きが表示されます。

その言葉の通り変更回数が多すぎるとロックがかかるようなので、生年月日は遊び半分でコロコロ変えないのがおすすめ。

とはいっても、ツイッターの運営側は詳しい情報を明かしておらず、どのくらいの頻度で変更するとロックがかかるのか、設定する年齢にロックの引き金となる上限や下限があるのかも不明とされています。

一度かかったロックを解除できるかどうかも明かされていないので、間違えたから一度だけ変更した、くらいにしておくのが良さそうですね。

ツイッター上の誕生日を非表示化・消す方法

削除するには、上記でご紹介した「ツイッターで誕生日を変更する方法」と同じように、編集画面へと進んでください。

最下部に「生年月日を削除」と表示されているので、削除を実行すれば手順は完了です。

ツイッター 誕生日 変更 非公開設定 回数制限

 

非公開にする場合は以下の手順を参考にしてください。

 

ツイッター 誕生日 変更 非公開設定 回数制限

「見ることができる人」の部分には「相互フォロー」「自分のみ」「フォロワーのみ」「フォローアカウントのみ」が選べるので、公開したい範囲を決めて「保存」へ進みましょう。

非公開設定にしたい場合は、月日と年のどちらも「自分のみ」にしておくと良いですよ。

※生年月日を18歳未満にするのであれば、「年」の公開範囲は「自分のみ」にしか設定できません。

誕生日を非公開にすると風船は飛ぶ?

誕生日になると自分のプロフィール部分に風船が飛ぶようになっていますが、公開設定の「年」と「月日」の両方を非公開(自分のみ)にしている場合は表示されません

逆にいうと、生年月日は「年=自分のみ」「月日=相互フォロー/フォロワーのみ/フォローアカウントのみ」にしておくと、誕生日に風船が表示される仕組みです。

ツイッターの誕生日を変更したり削除する手順まとめ

今回は「ツイッターの誕生日を変更・非公開にする方法」についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

上記でお伝えしたように、年齢は13歳以上になるように設定しておかないと凍結する可能性があるので、注意しておきましょう。

回数制限も設けられているので、故意に変更する場合は気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です