Twitterのリスト追加は通知が届く!相手にバレない方法も紹介

Twitter(ツイッター)には

自分がフォローしているアカウントを特定のグループ分けることのできる「リスト機能」

というものが存在します。

この機能を使うことでリストに追加したアカウントやフォローしたリストだけのタイムラインを作成し、通常のタイムラインと分けて表示できるため、特定の情報(趣味・仕事など)を収集したい時や、友人のツイートだけを表示したいなど、フォロー数が多くて見たい情報を追うことが難しい人には便利な機能です。

Twitterのリスト追加は通知が届くので注意

先ほど説明した通りリスト機能は便利な機能ですが。

アカウントがリストに追加されると「○○さんがあなたをリスト□□に追加しました」とリストに追加したユーザーの名前とリスト名が通知されてしまいます。

企業の公式アカウントだったり、好きなアーティストのアカウントの場合は気にしなくても良いかもしれませんが、友人だったり個人のアカウントの場合、リスト分けした事は相手に知られたくない事もあるかと思います。

次の項目では実際に、そんな時に相手にバレずにリスト追加する方法を紹介していきます。

【非公開リスト】Twitterで相手にバレずにリストに追加する方法

リストを作る際にリストを「公開」「非公開」にするか選択できるのですが、リストを「非公開」にしておけば相手に通知がいくことなくリストに追加することが可能です。

その手順を解説していきます。

(今回は説明にAndroidを使用していますがそのほかのOSでも同様の操作になります。)

Twitter上のリスト追加は相手に通知が届いてバレる可能性が高い

Twitterを起動し左上の「プロフィールアイコン」をタップする。

Twitter上のリスト追加は相手に通知が届いてバレる可能性が高い

続いて「リスト」をタップする。

Twitter上のリスト追加は相手に通知が届いてバレる可能性が高い

右下の「リスト追加」アイコンをタップする。

Twitter上のリスト追加は相手に通知が届いてバレる可能性が高い

「非公開」の項目にチェックを入れ、作成して完成

自分のリストが相手に通知でバレるパターン&バレないパターン

ここではアカウントをを「リスト」に追加した際、通知されるケースとされないパターンについて紹介していきます。

相手に通知が届く 通知は届かない
相手のアカウントを「公開」リストに追加した時 相手のアカウントを「非公開」リストに追加した時
相手のアカウント「公開」リストに追加後、「非公開」に変更した時。
(一度でも「公開」リストに追加するとその時点で通知されてしまう。)
自身のアカウントが鍵垢の状態で「公開」「非公開」リストに追加した時
既存の「非公開」リストを「公開」リストに変更した時
(それまで「非公開」にされていたリストも「公開」になった時点で通知されてしまう。)
※鍵垢で「公開」「非公開」どちらのリストに追加しても相手に通知は行きませんが、
公開リストに変更した時点で相手の追加されているリストには表示されます

【Twitter】リスト追加による通知の有無・相手にバレるケースまとめ

今回はリスト追加による通知の有無や追加してもバレない方法などを紹介してきました。

一度でもリストを「公開」にしてしまうと、相手に通知されてしまうため
どうしても失敗せずに「非公開」リストを作りたい場合は自分のアカウントに一度鍵をかける事がおすすめです。

この状態であればリストに登録した際、誤って公開リストにしてしまっても、即座に通知が届くことはありません。
登録後、問題なく「非公開」になっている事を確認出来てから鍵を外すことで普段通りにTwitterを利用することが可能です。

【Twitter関連記事】

Twitterのブックマークは通知で相手にバレる?削除方法や上限なども解説Twitterのブックマークは通知で相手にバレる?削除方法や上限なども解説 Twitterで「無言フォロー」はNG行為?意味やマナーも解説Twitterで「無言フォロー」はNG行為?意味やマナーも解説 Twitterの「スパブロ」の意味とは?やり方を画像で解説Twitterの「スパブロ」の意味とは?やり方を画像で解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です