YouTubeで「動画の設定を更新できませんでした」表示時の対処法

YouTube Studioで動画投稿時あるいは動画を編集している際に「動画の設定を更新できませんでした。しばらくしてからもう一度お試しください。」・「動画を保存できませんでした5秒後に再試行します。」…なんてエラーが表示されるケースってありますよね。

本記事は、この”動画が更新できないエラー”が起きてしまった時の対処法について解説しています。

結論から先に…

  • 解決策⇒サムネイルを変更する
  • エラーを吐く条件⇒プレミア公開や予約投稿設定時のみ
  • エラーの原因⇒不明

詳細は下記に続きます。

YouTubeで「動画の設定を更新できませんでした」表示時の対処法

冒頭でもお伝えしたように、「動画の設定を更新できませんでした。しばらくしてからもう一度お試しください。」といったエラーや「動画を保存できませんでした。5秒後に再試行します。」こんな画面が表示されてしまった時は動画のサムネイルを変更すれば解決します

動画をアップロードしなおすのは時間や手間がかかりますが、動画のサムネ変更だけでエラーが直るので、ぜひお試しください。

上述の通りこの現象は…

  • 予約投稿
  • プレミア公開

この条件下でのみ筆者は体験しています。(逆に投稿して即公開した動画に関しては、今のところまだ上記のエラーは起きていません。。。)

2020年に入ってからこの”動画が更新できないエラー”が発生する頻度は減っている印象を受けますが、もしも動画をアップロードした際に「動画の設定を更新できませんでした。しばらくしてからもう一度お試しください。」こんな表示が出てしまった時は、サムネ変更で様子を見てみましょう。

YouTubeで「動画の設定を更新できませんでした」と出た時の対処法まとめ

というわけで、YouTubeにアップロードした動画が更新できない時の対処法をご紹介しましたが、今のところこのエラーがでる原因は不明です。

予約投稿ならびにプレミア公開した際のサムネが原因でこのエラーを吐く傾向が強いのですが、基本的にはサムネをアップし直せば解決できますよ。

【YouTube関連記事】

YouTubeの動画再生時に音が出ない原因と対処法YouTubeの動画再生時に音が出ない原因と対処法 YouTubeの名前(姓名)が逆になった時&直らない時の対処法 YouTube視聴時に動画に音ズレが起きる原因と直す方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です