Twitter Proが表示されない!利用条件や「Pro版で出来ること」とは?

2021年10月より「Twitter Pro」と呼ばれる新機能が追加されました。

アイコンをタップすると表示される各種設定の部分に新しくボタンが登場しているとのことですが、なかにはまだ表示されていないユーザーもおり、具体的な使い方やメリットがわからない人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では「Twitter Proを表示させる方法や利用時に出来ること」についてご紹介します。

気になる人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

Twitter Proが表示されない!利用するための条件とは?

Twitter Proは本来 以下の画像の部分に表示される新機能で、主に自身のアカウントの認知度を高めてくれる役割があります。

アカウント内でつぶやくツイートのカテゴリ(美容・エンタメ・起業家など)を設定できたり、クイックプロモートと呼ばれる広告配信ができたりするようになります。

ただし、すべてのユーザーに表示されるわけではなく、一定の条件を満たしたユーザーのみが利用可能なので注意が必要です。

では、その利用条件とは一体何なのか見ていきましょう。

  • 公式Twitterの利用規約利用規約に2回以上違反していないこと
  • アカウント名・アイコン・自己紹介文などのプロフィール内すべての項目が記入されていること
  • 個人情報が承認済みだとプロフィール内で確認できること
  • 他の人物・ブランド・組織の名前にしていないこと
  • 他のユーザーを欺く目的で偽りの個人情報を記載していないこと
  • ブランドや組織と直に提携しているケースを除き、動物や架空のキャラクターをアイコン画像に使用していないこと
  • パロディアカウントやファンアカウントではないこと

とくに見落としがちなのは、個人情報やプロフィールの登録漏れです。

「場所」や「生年月日」の設定もプロフィール内の項目に含まれるので、記入するようにしておきましょう。

また、アニメやアイドル系を好むユーザーがパロディアカウント・ファンアカウントとして運用している場合も要注意です。

上記の条件をすべて満たしていてなお 表示されていないのであれば、Twitterアプリや使用している端末のバージョンが最新かどうかを確認してみてください。

アップデートが必要であれば行い、再起動・再ログインを試してみることをおすすめします。

Twitter Proで出来ることとは?

公式から発表されている内容は大きく分けて「クイックプロモート(広告機能)の利用」「Proプロフィールの利用」「Twitterショッピングの利用」が挙げられます。

聞きなじみがないと思いますが、クイックプロモートに関しては収益化できる機能として、すでにProユーザーの間では広まりつつあるシステムです。

広告を設定すると、タイムライン上に広告ツイートとして表示され 分析も可能になるので、今後さらに利用者が増えると思われます。

また、プロフィール部分にカテゴリを表示できるようになるのも特徴です。

カテゴリといっても自身がつぶやくツイートの内容にあった項目を設定したり、該当する職業を選択してもOKと自由度が高い機能。

数は990種類以上にも昇るので、選択する内容には困らないでしょう。

Twitterショッピングについては2021年11月現在で未明記状態の機能ですが、Twitter内で別のブラウザを開かずに買い物ができるようになるといわれています。

すでにアウトラインは決まっているようなので、詳細については近々公開されると予想しておいてよいでしょう。

Twitter Proの利用条件まとめ

今回は「Twitter Proを表示させる方法や利用時に出来ること」についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

Proにするためにはいくつかの条件を満たす必要はありますが、表示できるようになるととても便利です。

上記の方法を参考に、ぜひ活用してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です