【3秒で出来る】Twitterで自分のツイート内に他人の動画を引用する方法

Twitterで流れてくる話題のツイートには動画が埋め込まれているケースも多いですが、動画の下に「作成者 〇〇〇」といったように引用元が明記されているツイートも存在しますよね。動物の可愛い動画や海外の動画をメインにツイートしているパクツイ垢がやっている印象が強いです。

動画の作成主が記載されるので「動画をパクってツイートしたのではなく、引用しているだけですよ」と第三者に伝えることができます。もちろん、引用とパクりの違いが伝わるかどうかはその人次第ではありますが…

さて、本記事ではそんなTwitterで他人の動画を自分のツイートに引用する方法を解説しています。「動画を引用するやり方が分からない」・「引用できない」という方は参考にしてみてください。

結論から先に…

  • ①引用したい動画を長押しする
  • ②URLがコピーされる
  • ③説明文を挿入してツイートする

【3秒で出来る】Twitterで自分のツイート内に他人の動画を引用する方法

では、実際にTwitterの画面を見ながら手順を解説していきます。

まずは、引用したい動画を見つけて…

Twitterの動画をツイートに引用する方法

引用したい動画を長押しして「動画をツイート」をタップします。

すると、このようにURLがツイート作成画面にコピーされます。後は、説明文を挿入して「ツイートする」を押しましょう。

無事に動画を自分のツイートに引用することが出来ましたね。

【注意点】パクツイ動画を引用してしまう可能性もある

上記の手順で引用を行えば、作成者を明記しながら動画をツイートできるので”無断転載”や”パクツイ”には当たりません。(もちろん、厳密に言えば引用するコンテンツが主になってしまうと本来はNGなのですが)

ただし、注意して頂きたいのがパクツイを行っているツイートの動画を引用した場合、「無断転載された動画を引用してツイート無断転載を行ったアカウント名が作成者として明記される」という点です

こちらが良い例ですね。上記のツイートには「作成者 ミソキン」と記載されていますが、調べてみるとミソキンというアカウントは無断転載しているだけで実際に動画を撮影した人物は海外の方でした。

※アカウントAが作成した動画をアカウントBが引用し、アカウントBが引用した動画をアカウントCが引用…といった場合でも「作成者」の部分には引用元である「アカウントA」と表示される。しかし、引用ではなく動画を保存してツイートした場合は、上記のように無断転載者の名前が作成者に明記されてしまう。

このように、作成者の方に敬意を込めて引用したつもりが「無断転載したアカウントを作成者と明記してしまった」なんて事態も起こりえますので、引用元がオリジナルなのかどうかは極力確認したいものです。

【相手にバレる?】Twitterで他人の動画を引用した際に通知は届くのか

リツイートや引用リツイートの場合だと、RTアイコンにその数が反映され、誰がリツイートしたのかまで相手に通知が届いてしまいます。

しかし、ここまでご紹介した動画コンテンツの引用ツイートは相手に通知されません。そのため、基本的には相手に誰が引用しているのかがバレる可能性は低いです。

ただし、あくまでも引用なので再生数は反映されることを忘れてはいけません。

  • 引用ツイートする⇒バズって再生数が伸びる
  • 引用元のアカウントが動画の再生数が増えていることに気づく

もちろん、再生数が伸びているからといって相手に引用した人が誰なのかを簡単には判別できません。ただ、数万RTされてしまうと相手のタイムラインにあなたのツイートが流れる可能性も考えられますので、その点はあらかじめ覚えておきましょう。

Twitterで自分のツイート内に他人の動画を引用する手順まとめ

というわけで、今回はTwitterで自分のツイートに他人の動画を引用する方法を解説しました。

動画を長押し⇒動画をツイートをタップ…このように非常に手軽に行える機能なので、ぜひ使ってみてください。ただし、なるべく引用元がオリジナルかどうかを確認してから引用ツイートを利用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です