Twitterの空リプ(エアリプ)とは?意味や使い方も解説

Twitterを利用していて、「空リプ」という言葉を目にしたことがある方も多いと思います。

また、明らかに特定の人へのツイートを頻発しているアカウントを見てモヤモヤ・・・なんて方もいるのではないでしょうか。

この記事では「空リプ」の意味や使用方法について紹介します。

 

Twitterの空リプ(エアリプ)の意味とは?

空リプとは「空中リプライ」が略されて出来た言葉です。読み方は「からりぷ」「エアリプ」が一般的ではありますが、明確な正解があるわけではないようです。

本来Twitterにおけるリプライとは、@から始まるユーザー名をつけて特定の相手に送信するものです。しかしこの空リプは特定の相手に対する内容を普通のツイートと同じように呟き、空中でリプライを行うというものなのでこのように呼ばれるようになったのです。

Twitterにおける空リプの使い方・具体例など

 ではどのような場面でこの空リプは使われるのでしょうか。いくつかの具体的なシーンをご紹介いたします。

①フォロワーに対しての誘い・呼びかけ

「今からゲームできる人〜」「明日暇な人〜」など一人一人に声をかけることなく、まとめて大人数に対して誘いかけられるという使い方です。

②気になっている人への静かなアピール

好きな人・気になる人に直接アピールするのは勇気が要りますよね? そんな時、Twitterで空リプを使って「今日〇〇の時かっこよかったな〜❤︎」などと匂わせれば、気付かれなくても大きなダメージを食らうことはありませんし、もし相手の目に止まれば意識させることができるかもしれません!

③愚痴

こちらはあまり良い使い方ではありませんが、明らかに誰に対してかわかるような文面で「うざかった」「嫌いだ」などとツイートすれば空リプということになります。

④RTへの返信

RTをした直後にその内容に対してのツイートをすると空リプで返信をしたことになります。現在のTwitterには引用RTの機能もありますが、このやり方ではツイート先に通知を送ることなく返信することが出来ます。

Twitterの空リプの意味や使い方まとめ

 空リプの意味を知っていただけましたでしょうか。さまざまな使用方法や具体例を紹介しましたが、ネガティブな空リプはトラブルの原因にもなりかねません。

相手に直接届かないとはいえ他の人から見えなくなるわけではないので、その呟きを見た相手の気持ちを考えてツイートする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です