【Twitter】シャドウバンの原因確認&解除方法まとめ│2021年版

Twitterの中には「シャドウバン」と呼ばれる、ツイートやアカウントが他ユーザーから見えなくなるペナルティが存在しています。

凍結やアカウントロックのような操作不能になる機能制限ではないものの、ツイートしてもユーザーのタイムライン上に表示されなくなる現象が起こってしまうため、できるだけ早急に対処したいですよね。

そこで本記事では、自分のTwitterアカウントがシャドウバンになっているかどうかを確認する方法。さらには、シャドウバンの解除方法についてもまとめています。

【2021年版】ツールを使ったTwitterにおけるシャドウバンの確認手順

ツイートのエンゲージメント(閲覧数やいいねなどのアクション数)を見れば、おおかた制限がかかっているか否かは分かると思いますが、下記のツールを使用すると、シャドウバンになっているかを明確に知ることができます

まずはこちらにアクセスをしましょう。⇒Twitter Shadowban Test

サイトを開くと上の画像のようなページが表示されるので、自身のTwitter IDを入力して右側のCheckを押します。

チェックが完了すると「Search Ban」や「Ghost Ban」といった判定画面が表示されます。

全て緑色の表示になっていれば、特に制限はかかっていないので安心してくださいね。

Twitter シャドウバン 確認方法

しかし、このように赤色で表示されてしまっているとシャドウバンを受けている可能性が非常に高いといえるでしょう。

シャドウバンには種類があり、主に 以下3つのシャドウバンを受けると、自分のツイートやリプライが他ユーザーの検索結果に表示されなくなる原因になります。

Serch Suggestion Ban アカウントからログアウトしているタイミングで他ユーザーが検索した際に、検索から除外される。
Search Ban Twitter検索時に全てのユーザーにツイートが表示されなくなる。
Ghost Ban 第三者へのリプライが表示されなくなる。(検索結果にも表示されない)

これらは、あなたをフォローしている人のタイムライン上には表示されるので、エンゲージメントがゼロになるわけではありませんが、ほぼほぼ検索流入が無くなるため、注意が必要です。

確実に表示回数を稼げるトレンドに乗ったツイートをしても全然見てもらえない…なんて状況になりかねませんよ。

この3つのシャドウバンの具体的な原因と解除方法については、次の項目で解説していますので、併せてチェックしておきましょう。

また、シャドウバンにはもう1つ「Reply Deboosting」というものも存在しますが、リプライをした際に相手に「このツイートは表示できません」と表示されるものなので、今回のケースではあまり大々的な影響はないと考えられます。

【2021年版】Twitterにおけるシャドウバンを受ける原因

結論からお話しすると、シャドウバンを受ける原因は以下の通りです。

  • 同じ内容のツイートを短時間で繰り返し投稿する
  • 同じURLを含んだツイートを短時間に多く投稿する
  • 大量にフォロー&解除する
  • 大量にいいね・RTをする

通常に比べて明らかに過剰な行動をとった場合に、Twitterのシステム側から怪しいアカウントと判断されてシャドウバンを受ける…みたいな感じです。

この他にもコロナ関連のキーワードや、人の身体や生活などに大きな影響を与えかねないツイートもシャドウバンに関係していると言われています。

【2021年版】シャドウバンの解除方法と復活までの時間

シャドウバンを解除するには、いくつかの方法で解除に繋がります。

  1. 何もせずシャドウバンが解除されるまで放置する
  2.  興味関心データの削除
  3. Twitterの運営するサポートへの報告

では順を追って説明していきますね。

アカウントを何もせずに放置する

ヘルプセンターに現状を伝えて解除してもらう手順は後述しますが、シャドウバンは基本的に放置でも解除されます。

具体的にはリプライやいいねなどのアクションを起こさないこと、ツイートを一切しないことが挙げられます。

Twitter民にとっては中々につらいことかもしれませんが、早くて1日から1日半あれば解除されるとの声が見受けられています。(筆者の場合は丸2日でシャドウバン確認ツール上での表記が消えました)

少しの間、今後快適に過ごすためにも、デジタルデトックスだと思って耐え抜きましょう!

ただ、なるべく早くシャドウバンを解除したい方は下記の手順も参考にしてみてください。

興味関心のあるトピックを削除する

まずは、Twitterの「設定とプライバシー」より「プライバシーとセキュリティ」を選択します。

次に「表示するコンテンツ」を選び、「興味関心」をクリック。

画面が切り替わると、トピックに基づいたワードがずらりと表示されるので、多いかもしれませんが1つずつチェックマークを外していってください。

このとき、あまりにもチェックを外す項目が多い場合は、処理が追い付かないことがあるため数回に分けて作業することをおすすめします。

チェックマークの解除が済んだら、ひとまずこちらの作業は完了です。

ヘルプセンターから状況を説明し報告

続いては、ヘルプセンターから現在の状況を説明しシャドウバンを解除してもらう手順です。

ヘルプセンターへ移動したら、現在の状況説明を行います。

  • どのような状況でお困りですか?⇒何らかの機能が正しく動作していない
  • 詳しい情報をお知らせください⇒該当する問題が上記にない

こちらの項目を選択してください。

Twitterのシャドウバンを解除する手順

画面下部へスクロールしたら、シャドウバンを解除してもらえるように現在起きている状態を説明します。「不正利用を行なっていないのにTwitterの検索結果に表示されなくなってしまった…」など。

※説明する部分に関しては、「検索結果に自身のアカウントが表示されない」「自分のアカウントは有害なものではない」「心当たりがないので問題があるなら教えてほしい」などといったどれかの該当する内容を記載すると良いかと思われます。

最後に「送信」を選択して完了です。

【Twitter】シャドウバンを回避するコツとは?

残念ながら、シャドウバンを1度解除できたとしても再発するのが難点。

2回目、3回目と引っかかってしまうことも多いので、できるだけ波風を立てないように意識することが重要になってきます。

コツとしては、上記の「原因」部分でもお伝えしていますが、以下の項目に当てはまらない行動を取ることがポイントです。

  • 同じ内容のツイートを短時間で繰り返し投稿しない
  • 同じURLを含んだツイートを短時間に多く投稿しない
  • 大量にフォロー&解除をしない、繰り返さない
  • 大量にいいね・RTをしない、繰り返さない

あまりにも頻繁にシャドウバンをくらってしまうと、最悪の場合 アカウントの永久凍結にも繋がりかねません。

Twitterはできるだけストレスなく使いたいものですが、ある程度は運営側のルールとポリシーに従うようにしてくださいね。

【Twitter】シャドウバンの確認&解除方法まとめ│2021年版

というわけで、今回はTwitterにおけるシャドウバンの原因や確認方法。さらには解除方法について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

シャドウバンは軽めのスパム判定を受けてツイートやリプライが他ユーザーから見えなくなってしまう状態なので、基本的には徐々に解除されていくのを待つしかありません。

今のところ即解除は難しいですが、上記の方法を参考にできるだけ早くシャドウバンが解けるように試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です