Twitter上の自分のツイートだけを検索する方法まとめ

Twitterを利用するにあたって「過去の自分がなんてツイートしたのかわからない!」となったことがある方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、いちいち過去のツイートを辿らなくても、あるワードを打ちこむだけですぐに検索結果を表示させることができる「ツイートや日付けを簡単に調べる方法」についてご紹介します。

鍵アカで調べられるかどうかについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Twitter上の自分のツイートだけを検索する方法

Twitterには検索演算子というものがあり、今回は「from:」機能を活用します。

PCの場合、まずはTwitterを開き画面右上に表示される「キーワード検索」から操作を行います。

スマホアプリであれば、画面下の検索マークより「キーワード検索」を選択してください。

「キーワード検索」欄には「from:アカウント名」で入力しましょう。

この場合の「:」は半角で入力し、アカウント名の前に付いている「@」は外しておくようにしてください。

例えば、山田太郎さんが自身のアカウントツイートを調べたいのであれば「from:Yamada.Tarou」といった形になります。

さらにアカウント名+キーワードで検索をしたい場合は「from:Yamada.Tarou 新刊」とアカウント名の後に半角・全角どちらでもいいので、間にスペースを入力しておきましょう。

日付や投稿年など範囲を絞ってツイートを検索する

上記でご紹介した「from:」機能以外に「since:」「until:」演算子を使うことで、簡単に投稿年月日の絞り込みが可能になります。

例えば、2020年1月10日より前の自身のツイートを調べたいのであれば「since:」機能。

2020年1月10日より後のツイートを調べたければ「until:」機能を使いましょう。

こちらの機能は同時に使用可能ですが、同じ日付を指定してしまうとエラーが出るので注意してくださいね。

入力する際は「from:アカウント名 キーワード since:2020-01-10」といった形になります。

同様に「:」と「-」は半角、数字は「01」と入力することでエラーが出ることなく調べられます。

画像や動画付きのツイートに絞って検索する

画像(動画)付きの自身のツイートを絞り込みたいのであれば「filter:images」や「filter:videos」演算子の活用がおすすめです。

「filter:images」は画像、「filter:videos」は動画を検索したい場合に使いましょう。

入力する際は「from:アカウント名 キーワード since:2020-01-10 filter:images」となります。

アカウント名の後に入力する演算子の順番はバラバラでも問題ありませんが、ぜひ上記を参考にしてみてくださいね。

鍵アカだと自分のツイートを検索しても出てこない?

残念ながら2021年3月現在、鍵付きアカウントの場合、自分や他人に限らず検索しても出てくることはありません。

非公開という設定になっているため、調べる際だけ一度鍵を外すか、過去のタイムラインを遡るしか手段はなさそうです。

事前にアカウントに鍵のマークが付いていないかをチェックしてから検索することをおすすめしますよ。

Twitter上の自分のツイートだけを検索する方法まとめ

今回は「ツイートや日付けを簡単に調べる方法」についてご紹介しました。

上記で紹介した「from:」「since:」「until:」「filter:images」「filter:videos」機能はとても使い勝手が良いので、知っておいて損はありません。

快適なTwitterライフを楽しみましょう!

【関連記事】

【Twitter】シャドウバンの原因確認&解除方法まとめ│2021年版【Twitter】シャドウバンの原因確認&解除方法まとめ│2021年版 【Twitter】電話番号認証の回避方法&凍結リスクを解説【Twitter】電話番号認証の回避方法&凍結リスクを解説 Twitterで時間・曜日を指定し予約投稿できる無料アプリを紹介Twitterで時間・曜日を指定し予約投稿できる無料アプリを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です