【Twitter収益化】無断転載アカ・パツクイも対応可能?

2021年2月25日に行われた投資家向けイベント「Twitter’s 2021 Virtual Analyst Day.」にてTwitterの収益化が可能になる『SUPER FOLLOWS』という新たな機能が発表されました。

YouTubeのメンバーシップのような機能で、ユーザーは月額500円で特定のアカウント主をサポートすることが出来るとのこと。500円を支払ったユーザーにだけ与えられる特典(支援者しか見れないツイートやら何やら)などの恩恵が受けられるので、フォロワー数が多いインフルエンサーにとっては喜ばしい?ニュースかもしれません。

ただ、ここでTwitter内で疑問視されているのが「無断転載アカウント」・「パクツイをしてRT・いいね数を稼いでいるアカウント」まで収益化の対象になってしまうのではないか…といった部分です。

【Twitter収益化】無断転載アカ・パツクイも対応可能?

詳細はまだアナウンスされていませんが、仮にYouTubeのメンバーシップと同じような仕組みなら、ユーザーがお金を払いたいと思えば月額課金できると思われます。

Twitter運営側の審査が無い場合は、それがYouTubeやらテレビなどの映像をアップした無断転載アカウントであっても、パクツイだとしても収益化されるのではないでしょうか。

ただ、そういったアカウントに関しては多くのユーザーが一斉に通報すれば凍結させることが出来るので、他人のコンテンツを盗用しているTwitterアカウントは収益化出来ても短命ではあると思います。

どんなアカウントがTwitter収益化に向いているのか

多くの方が言及されていると思いますが、「課金してでも見たいツイートを発信しているユーザー」が特に恩恵を受けるシステムですね。

元々のフォロワー数が多さが…というより、より濃いファンを持っていることが重要。

パツクイやら無断転載アカウントに関しては、お金を払っても見たい人は少ないと思います。

ですが、普段から役に立つ情報・ワクワクする情報を発信しているアカウントが更に凄い情報を月額500円払ってくれた人限定で公開する…といったらちょっと課金したくなりませんか。

役に立つ情報やら稼げる情報もそうですが、裏垢系のちょっとアレなジャンルでも稼ごうとするユーザーは出てくるかと思います。

【Twitter収益化】無断転載アカ・パツクイでも可能なのか…まとめ

現状では推測ではありますが、Twitterの審査が無ければパクツイアカウント等でも収益は可能なのではないかと感じます。

ただ、「お金を払ってでも見たいコンテンツ」が無ければ、ユーザーは課金してくれないと思いますね。

そういう意味でも無断転載アカウントが収益化を図ったとしても、恩恵は受けにくいハズ。

【Twitter関連記事】

【Twitter】電話番号認証の回避方法&凍結リスクを解説【Twitter】電話番号認証の回避方法&凍結リスクを解説 Twitterで「無言フォロー」はNG行為?意味やマナーも解説Twitterで「無言フォロー」はNG行為?意味やマナーも解説 「明日花キララ 安倍晋三」が検索候補に表示される理由とは?「明日花キララ 安倍晋三」が検索候補に表示される理由とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です