ラクマの購入申請とは?基本の使い方から拒否する方法まで紹介

「悪い評価の人より、良い評価がある人とだけ取引したい。」

とお考えのあなたには、購入申請の機能がオススメ。

購入申請とは何か、やり方、悪い評価の人の申請を拒否する方法をご紹介します。

慎重に取引をしたい方は、購入申請を活用していただきたいです。

ラクマにおける「購入申請」とは?

出品者に購入したい意思を表し、出品者から承認されれば購入手続きができるシステムです。

この機能を使えば、悪い評価の人から購入申請があった際にお断りをすることができるようになります。
また購入者側には欲しい物を横取りされない、というメリットがあります。

【出品者向け】ラクマの購入申請のやり方・設定方法を解説

 

◇出品時に申請ありにする手順

始めの画面の左上の三本線のマークを押す。

出品するを押す。

出品画面の購入申請の設定を「あり」にする。

◇実際に申請が来たときの手順

  1. マイページ出品した商品を押す。
  2. 出品中購入申請ありの商品を選ぶ。
  3. 取引をしたい購入者の項目の選択するを押す。
  4. 情報を確認し、取引をしたい相手を決めたら購入申請を承認するを押す。
  5. 「この購入申請を承認しますか?」という確認が出てくるので、承認するを押せば購入申請の承認ができます。

購入申請が複数きた場合は誰を選ぶべき?

購入申請が複数きた時に選ぶ基準の一つが評価です。
良い評価が多い人なら過去の取引も誠実に応じていたと思われるので、問題なく取引ができるでしょう。

みな良い評価を得ている申請者ばかりなら、コメントが良い印象だった方や申請が早かった人を選べばいいと思います。

早くに申請した人を選ばないといけない、というルールはありません。
最初に購入申請した人に悪い評価がついていたなら、他の申請者を承認しても大丈夫です。

購入申請を拒否することは可能?

評価が酷い人から申請があれば、承認したくないですよね。
大丈夫です、購入申請は拒否できます。

相手が購入申請をした日の翌々日10時00分頃まで承認しなければ自動で購入申請がキャンセルされます。
または商品情報を編集すると購入申請をキャンセルが可能です。

無視をして拒否するのはちょっと良心が痛む、という方は
「申し訳ございませんが、悪い評価が多い方との取引は控えております。」などとメッセージを送り、売りたくない旨を伝えましょう。

関連記事⇒ラクマの「ブロックの使い方」や相手からの見え方を紹介

ラクマの購入申請の使い方まとめ

  • 購入申請を使えば取引をしたい相手を選ぶことができる。
  • 購入申請の設定は出品画面で可能。
  • 申請者が複数いる場合、選ぶ基準は評価でいい。
  • 申請をキャンセルしたいなら自動キャンセルのシステムを使うか、メッセージで売らないことを伝える。

【ラクマ関連記事】

ラクマでの返品方法や返品可能な条件・ルールまとめラクマでの返品方法や返品可能な条件・ルールまとめ ラクマで取引キャンセル・購入キャンセルする方法まとめラクマで取引キャンセル・購入キャンセルする方法まとめ 2021年最新│ラクマクーポン配布情報&使い方や取得方法まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です