WordPressにインスタグラムを埋め込む方法と著作権について

「記事やブログに画像を貼り付けたいけど、思うような画像が見当たらないな」

なんて、思ったことはありませんか?

商用サイトや自分で撮った画像以外は著作権の問題があり、使用は禁止されていますよね。

そこで、今回はWordPress上でインスタグラムを埋め込むのは著作権の違反になるのかどうかと、引用の方法についてをご紹介します。

WordPressに埋め込む方法 投稿したいインスタグラムを選択し、「リンクをコピー」をクリックし。WordPressの「テキストモード」で貼り付けをする。
インスタグラムの埋め込みは著作権違反なのか “埋め込み”は引用しているので違反にはならない。

WordPressにインスタグラムを埋め込む方法

まずは、PCでインスタグラムを開き、引用したい投稿を選択します。

開くと、画像の右上に点が3つ並んだメニューボタンが表示されているので、そこをクリックします。

 

投稿へ移動やシェアなどが表示されている中に「リンクをコピー」というボタンがあるので、クリックします。

PCの画面下に「リンクがコピーされました」と表示されれば、コピーは完了です。

 

次に、埋め込みをしたい記事のWordPressに戻り、右上にあるビジュアルモードから「テキストモード」へ変更してください。

埋め込みをしたいところにカーソルを合わせて、マウスの右クリックで「貼り付け」をするか、キーボードの「Ctrl+V」を押すと、リンクを貼り付けることができます。

貼り付けられたら、テキストモードから、もとのビジュアルモードへと戻してインスタグラムの投稿が表示されているか確認をしてください。

インスタの埋め込みは著作権違反になる?

結論から言うと、インスタグラムの“埋め込み”は著作権の違反にはなりません。

埋め込みは“引用している”、つまり借りてきていることになりますので、まるで自分のものかのようにする“転載”とは違うので、安心してくださいね。

ただし、引用するにあたっても注意点があります。

  • 投稿している人が「引用禁止」と表記していれば、埋め込みであっても使用しないこと。
  • 基本的には景色や食べ物OKだが、人物が写っているものはなるべく避けること。
  • 自分がそのインスタグラムの投稿を見て、少しでも著作権や肖像権の違反になると思った場合は、引用をしないこと。

上記のポイントをしっかりと押さえて、自分の記事やブログをより良いものにしてくださいね。

インスタグラムを埋め込む手順&著作権まとめ

WordPressに埋め込む方法 投稿したいインスタグラムを選択し、「リンクをコピー」をクリックし。WordPressの「テキストモード」で貼り付けをする。
インスタグラムの埋め込みは著作権違反なのか “埋め込み”は引用しているので違反にはならない。

今回はWordPress上でインスタグラムを埋め込むのは著作権の違反になるのかどうかと、引用の方法についてをご紹介しました。

埋め込み機能が使えるだけで、ぐっと記事やブログの質も上がりますので、覚えておいて損はありませんよ。

上記でもお伝えした注意点をしっかりと押さえて、ぜひこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です