インスタのストーリーを足跡を残さずバレずに見る方法まとめ

インスタグラムでストーリーを見ると、相手にあなたが閲覧したことがわかるように通知されるようになっています。それが「足跡」と呼ばれるものです。

さほど親しくない人のストーリーを閲覧して、相手にあなたが投稿を見たことを知られたらお互いに気まずくなるのではないでしょうか。

それを防ぐ為にストーリーを見ても足跡が残らない方法をご紹介します。

インスタのストーリーにおける足跡についておさらい

あなたのアイコン写真をタップして、ストーリー画面を表示します。

投稿したストーリー画面の左下に「〇人が既読」や「閲覧者〇名」と表示されているのが足跡です。下の写真では隠しておりますがあなたのアイコンが文字の上に表示されてあなたが閲覧した

ことが相手に認識されます。

インスタのストーリーを足跡を残さずバレずに見る方法

iPhone、Android、パソコン毎に文字の記載の仕方が変わりますが、左下に表示されます。

インスタグラムのストーリーを足跡を残さずバレずに見る方法

結論:サブアカウントを作成して閲覧したほうがよい。

「Gramho」や「StoriesIG」などインスタグラムのアカウントがなくてもインスタグラムの投稿を見ることができるサービスを使うと、足跡を残さずにストーリーを閲覧することが可能だという情報があり実際にやってみました。

ですが残念ながらストーリーを見ることができませんでした。(普通の投稿は閲覧できました。)

ツールなどではうまくいかないケースがあるので、場合によっては失敗して足跡がついてしまうことが想定できます。

それならばサブアカウントを使いストーリーを閲覧することで身バレを防ぐのが確実です。

<サブアカウントを作成する方法>

  1. 本アカウントで使っているメールアドレスとは別にアドレスを用意する。
  2. プロフィール画面の右上三本線をクリックして「設定」を選ぶ。
  3. 「アカウントを追加」を選択し、ユーザーネームやメールアドレスなど必要な情報を入力する。

インスタのストーリーは閲覧以外で足跡や通知は届かない

外部サイト・ツールを使わずに閲覧した場合

通常どおりインスタグラムを使用してストーリーを閲覧した場合には、足跡が残ってしまいます。

上記「インスタのストーリーにおける足跡についておさらい」の項目で解説したとおり「〇人が既読」や「閲覧者〇名」という文字とあなたのアイコンが表示されます。

ハイライトを閲覧した場合

ハイライトは投稿後24時間以内に閲覧した場合に相手に通知されてしまいます。

※ハイライトとはストーリーが投稿から24時間が過ぎても投稿が消えないようする機能のことです。プロフィール画面で見ることができます。

インスタのストーリーを足跡を残さずバレずに見る方法

投稿から24時間経ったハイライトは、足跡が残らないようにできています。

インスタのストーリーのスクショを撮影した場合

通常ストーリーをスクリーンショット撮影した場合には、相手に通知されません。

ですが個人宛に送ったストーリーについては、スクリーンショットしたら相手にわかるように画面に表示がされてしまいます。

もし保存しておきたいストーリーがあれば、相手に一言スクリーンショットを撮ってもいいか許可をとりましょう。

足跡を残さずインスタのストーリーを見る方法まとめ

  • サブアカウントを作成してストーリーを閲覧すれば、本アカウントで足跡を残すことを防げる
  • ハイライトの場合、投稿から24時間経過したものは足跡がつかない
  • スクリーンショットをしたのがバレるのは、個人宛に送ったストーリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です