【IMEI制限】ソフトバンクSIM対応のアンドロイド端末一覧

ソフトバンクでアンドロイド端末を契約し、その際に同封されているSIMカードは別の端末で使えないケースがあります。

ご存じの方も多いと思いますが、いわゆる「IMEI制限」と呼ばれるソフバン独自の仕様で、契約したSIMカードに適したスマホじゃないと正しく通信できないのです。

Androidを契約⇒SIMフリーのiPhoneに入れ替え 4G/5G通信不可
Androidを契約⇒SIMフリーのAndroidに入れ替え SIMの種類に適した端末なら4G/5G通信可能
iPhoneを契約⇒SIMフリーのAndroid端末に入れ替え 4G/5G通信不可
iPhoneを契約⇒SIMフリーのiPhoneに入れ替え 4G/5G通信可能

※ソフトバンク等から送られてくるSMSのメッセージ受信や通話自体はいずれも可能

ご覧のようにソフバンでで契約したiPhone用SIMカード⇒SIMフリーiPhoneに入れ替え…というパターンなら特に問題なく通信できます。

ただ、Androidに関してはiPhoneとは異なり、契約したSIMカードによっては同じAndroidでも通信できない端末があるので注意が必要です。

そこで、本記事では「ソフトバンクでAndroidを契約したけど、SIMカードを別のAndroidに入れ替えて使いたい」といった方に向けて、各SIMカードごとに適したAndroid端末をまとめていきます。

【IMEI制限】ソフトバンクSIM対応のアンドロイド端末一覧

上述の通り、ソフトバンクの場合は契約したAndroid端末によって渡されるSIMカードの種類が異なります。

  • nano USIMカード
  • NFC nano USIMカード⇒SIMにNFCの記載アリ

※nano USIMは特に何も書かれていませんが、NFC系のSIMカードには文字通りNFCの記載があります

大きく分けるとこの2パターンで、各SIMに対応したAndroid端末でなければ通信できない可能性が高いです。

お持ちのSIMカードの種類を調べる⇒そのSIMカードに対応したAndroid端末を購入する…といった流れが安全。

下記では、nano USIMカードとNFC nano USIMカードに分けて対応したAndroid端末をまとめています。

nano USIMカード対応端末

Google Pixel Pixel 5
Pixel 4a (5G)
Pixel 4a
Pixel 4
Pixel 4 XL
Pixel 3a
Pixel 3a XL
Pixel 3
Pixel 3 XL
HUAWEI Mate 20 Pro
nova lite 2
Mate 10 Pro
DIGNO DIGNO J
DIGNO G
DIGNO F
DIGNO U
DIGNO BX
AQUOS AQUOS sense5G
AQUOS zero5G basic
AQUOS sense3 basic
AQUOS sense basic
シンプルスマホ シンプルスマホ5
シンプルスマホ4
シンプルスマホ3
シンプルスマホ2
Xiaomi Redmi Note 9T
Xperia Xperia 5 II
OPPO Reno3 5G
ARROWS ARROWS U
その他 ZTE AXON 10 PRO 5G
LG K50
キッズフォン2
キッズフォン
Android One S5
Android One S3
Nexus 6P
SoftBank 503LV
Nexus Nexus 6P
4Gスマホ シンプルスマホ2
HUAWEI Mate 10 Pro
DIGNO U

NFC nano USIMカード対応端末

XPERIA Xperia 5
Xperia 1
Xperia XZ3
Xperia XZ2
Xperia XZ1
Xperia XZs
Xperia XZ
Xperia X Performance
AQUOS AQUOS R5G
AQUOS zero2
AQUOS sense3 plus
AQUOS R3
AQUOS R2 compact
AQUOS zero
AQUOS R2
AQUOS R compact
AQUOS ea
AQUOS R
AQUOS Xx3 mini
AQUOS Xx3
LG V60 ThinQ 5G
G8X ThinQ
その他 HTC U11
STAR WARS mobile
XPERIA Xperia Z5
Xperia Z4
Xperia Z3
AQUOS AQUOS Xx2 mini
AQUOS CRYSTAL 2
AQUOS Xx2
AQUOS CRYSTAL X
AQUOS CRYSTAL
AQUOS Xx 304SH
AQUOS Xx
その他 Galaxy S6 edge
AQUOS AQUOS PHONE Xx mini 303SH
AQUOS PHONE Xx 302SH
AQUOS PHONE Xx 206SH
ARROWS ARROWS A 301F
ARROWS A 202F
その他 DIGNO R 202K

※micro USIMカード・USIMカードの対応端末に関しては、ソフトバンク公式サイトの「よくある質問」をご覧ください。

なるべく安く購入できて、実用性が高いアンドロイド端末とは

ソフトバンクで購入した端末をSIMフリー化して家族にプレゼントしたり、誰かに売ったりするケースもあると思います。

筆者も先日ソフバンでPixel4a(5G)を契約してきたのですが、結局自分では使わないのでSIMカード2枚が余りました。当然、手持ちのiPhoneに挿入しても3G表示になってしまい通信できません。

とはいえ、即契約解除するわけにもいかないので、別の安いAndroid端末を購入してSIM2枚を運用することになりました。

でも、どうせなら安くて実用性の高い…なるべくコスパが良さげなAndroidが欲しいと感じ、色々と悩んで実際に購入まで至った痕跡を載せておきます。

※とりあえず通信したいという方は、先ほど記載した ”SIMカードごとに適した端末” を選んでおけば問題ないです。

価格は「2万円以内」かつ「デュアルSIM」が欲しい

ひとまず適当にソフトバンクSIMでネットサーフィンができれば良いかなと思っていたのですが、「2枚あるし…どうせならデュアルSIMがイイじゃん…!」といった安直な考えから ”2万円以内かつデュアルSIM対応のアンドロイド端末” を探すことに。

端末名 中古価格相場
(2021年4月時点)
Redmi Note 9T 19k~23k
AQUOS sense5G 35k
HUAWEI Mate 20 Pro 29k~40k
HUAWEI Mate 10 Pro 12k~20k

価格相場は当時のメルカリやラクマを参考にしているため、現在と差があるかもしれませんが、大体こんな感じでした。

筆者がソフバンで購入した端末はPixel4a 5Gだったので、SIMカードのタイプは「nano USIM」という種類。

nano USIMが対応しており、デュアルSIMのアンドロイド端末は上記の4種類くらい。

 

結論からお話しすると約1万円でHUAWEI Mate 10 Proの美品を購入しました。

最初は「Redmi Note 9T」が良いかなと思っていたものの、国内版(ソフバン版)はデュアルSIMに対応しておらず、そこそこ安い海外版SIMフリーを探すのが面倒なのでボツ。

「AQUOS sense5G」・「HUAWEI Mate 20 Pro」に関しては、予算オーバーのためボツ。

このような流れで、ちょい型落ちのHUAWEI Mate 10 Proを購入することになりました。

※今回契約した機種がPixel4a 5G…なので、もしかすると、5Gに対応したアンドロイド端末しか通信できない可能性があります。Mate 10 Proで5G SIMが動作しなかったらまたレポします。この際は持ち込み機種変か、Redmi Note 9Tのグローバル版を検討するかもしれません^^;

【IMEI制限】ソフトバンクSIM対応のアンドロイド端末まとめ

というわけで、今回はソフトバンクで契約したSIMカードを別のアンドロイド端末に入れて使いたい…!という方向けの内容でした。

「店舗に使いたい端末を持ち込む⇒SIMカードの種類を変更してもらう」この手順でも解決可能ではありますが、持ち込み機種変更になるので手数料が3,300円もかかるのが現状。

当然ながらユーザーの多くが不満を抱いています。

ただ、2021年2月28日のLINEMOの発表会が行われた際、にソフトバンク常務執行役員である「尾洋幸」氏は…

  • LINEMOのSIMカードは種類を統合しiPhone・Android間で利用可能にする
  • 現状のソフトバンクのSIMカードも解決する方向で準備を進める

とアナウンスしています。

このIMEI制限に関しては、もうそろそろ改善されるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です